2010
10月 5
(火)
20:16
「スローライフ・フォーラムinとなみ野」概要・第一報です。
本文
NPOスローライフ・ジャパンとスローライフ学会は11月12日・13日・14日、富山県・砺波市(となみ)・南砺市(なんと)とご一緒に「スローライフ・フォーラムinとなみ野」を開催します。3つの分科会と全体会。概要を第一報としてお伝えします。多少の変更はあるとは思いますが、先ずはご予定ください。パンフレットはただ今作成中、もう少しお待ちください。また写真つきの詳細は追って掲載します。


【利賀分科会】

●日 時 11月12日(金)16時?18時
●会 場
「瞑想の郷」(めいそうのさと)
〒939-2514 富山県南砺市利賀村上畠101
TEL0763-68-2324 / FAX:0763-68-2326
http://www1.tst.ne.jp/meisou/
●内 容 
テーマ:「地域の魅力と活力が交流をつくりだす」
コーディネーター 
丸岡一直さん(社会福祉法人二ツ井ふくし会理事長)
パネリスト
大和田順子さん(一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス(LBA)共同代表)
渋谷和久さん(国交省総合政策局政策課長)
中谷信一さん(財・利賀ふるさと財団理事長)
畠山芳子さん(武蔵野市からの移住者)
●予 定
12日:13時富山駅集合・実行委員会用意バスで利賀村へ→14時利賀村見学→16時「瞑想の郷」内分科会会場へ→18時分科会終了後「瞑想の郷内」宿泊施設へ、夕食→パネリスト中谷さん宅で夜なべ談義→「瞑想の郷」泊
13日:朝食後9時30分利賀村発・バスで井波へ。途中合掌造り集落見学。展望台から散居村景観見学→11時30分井波交通広場着・昼食→井波分科会・砺波分科会へ。13日分科会に不参加の方は、昼食後JR砺波駅で13時頃降車可。
●費 用 分科会・無料、瞑想の郷1泊2食8,000円、夜なべ談義3,000円、バスは実行委員会が用意、乗車無料です。
※利賀村は車でもOKですが、道が険しいので皆さん一緒のバス利用の方がおすすめです。富山には東京からは飛行機よりも電車の方が便利です。(例:9時28分東京駅発→越後湯沢→12時45分富山駅着)

【井波分科会】

●日 時 11月13日(土)16時?18時
●会 場
「あずまだち高瀬」(あずまだちたかせ)
〒932-0257 南砺市北市128-4
TEL:0763-82-5828 / FAX:050-2525-5880
http://www.city.nanto.toyama.jp/webapps/www/section/detail.jsp?id=2596
●内 容
テーマ:「美しく楽しく過ごす技と祭りと味と」
コーディネーター 
坪井ゆづるさん(朝日新聞論説委員・編集委員)
パネリスト
藤田 穣さん(総務省自治行政局過疎対策室長)
田嶋義介さん(島根県立大学名誉教授)
岩倉雅美さん(井波彫刻協同組合理事長)
杉森桂子さん(NPO法人心泉いなみ理事)
●予 定
13日:11時30分井波交通広場集合・昼食→12時30分木彫り芸術の井波瑞泉寺・門前町など見学→14時井波交通広場から散居村伝統家屋杉森家見学→15時30分分科会会場「あずまだち高瀬」到着→分科会終了後18時30分から「あずまだち高瀬」で夜なべ談義(夕食兼)→礪波市内泊。
14日:朝食後9時ホテル発→JR砺波駅経由で全体会会場へ。途中視察見学有り。全体会不参加の方は砺波駅9時20分降車可。14日のみ参加の方砺波駅から乗車可。
●費 用 分科会・無料。昼食は各自。夜なべ談義4,000円。砥波市内ホテル宿泊。バスは実行委員会が用意、乗車無料です。
※集合に間に合わない方は瑞泉寺付近散策中に合流可能。「あずまだち高瀬」へ直接も可です。この場合は交通はご自身の手配となります。

【砺波分科会】

●日 時 11月13日(土)16時?18時
●会 場
「となみ散居村ミュージアム」(さんきょそん)
〒939-1362 砺波市太郎丸80
TEL:0763-34-7180 / FAX:0763-34-7182
http://www.city.tonami.toyama.jp/shisetsu/sankyo/sankyo.html
●内 容
テーマ:「散居村の景観と暮らしを守ろう」
コーディネーター 
斉藤 睦さん(地域総合研究所長)
パネリスト
早野 透さん(桜美林大学教授)
長谷川八重さん(NPO法人スローライフ掛川理事)
砂田龍次さん(となみ散居村ミュージアム館長)
尾田武雄さん(NPO砺波土蔵の会理事長)
●予 定
13日:11時30分井波交通広場・昼食→12時30分井波交通広場から分科会会場「散居村ミュージアム」へ→休憩→バスでJR砺波駅へ、13時20分頃集合→バスで移動し散居村などののディープな見学→15時30分「散居村ミュージアム」到着→分科会終了後18時30分から「散居村ミュージアム」で夜なべ談義(夕食兼)→砺波市内泊
14日:朝食後9時ホテル発→JR砺波駅経由で全体会会場へ。途中視察見学有り。全体会不参加の方は砺波駅9時20分降車可。14日のみ参加の方砺波駅から乗車可。
●費 用 分科会・無料。昼食は各自。夜なべ談義4,000円。砥波市内ホテル宿泊。バスは実行委員会が用意、乗車無料です。
※井波交通広場(JR高岡駅から加越能バス庄川行きバス)からの参加と、JR砺波駅からの参加が可能です。

【全 体 会】

●日 時 11月14日(日)13時30分?16時30分
●会 場
「となみチューリップ四季彩館」(しきさいかん)
〒939-1381 砺波市中村100番1
TEL:0763-33-7716 / FAX:0763-33-0090
http://www.tulipfair.or.jp/
●内 容
テーマ:『富山新時代?「住まう」を考える』
<基調スピーチ>「となみ野に見る緑と絆と」
神野直彦さん(地方財政審議会会長・東京大学名誉教授)
<パネルディスカッション>
コーディネーター
増田寛也さん(野村総合研究所顧問)
パネリスト
神野直彦さん
石井隆一さん(富山県知事)
丸岡一直さん(元秋田県二ツ井町町長/利賀分科会コーディネーター)
斉藤 睦さん(地域総合研究所長/砺波分科会コーディネーター)
坪井ゆづるさん(朝日新聞論説委員・編集委員/井波分科会コーディネーター)

●予 定
14日:9時30分JR砺波駅集合→バスで周辺視察→昼食→12時「となみチューリップ四季彩館」着・各自見学→13時30分全体会開始→16時30分終了・解散
※「となみチューリップ四季彩館」は砺波駅から徒歩15分のところです。当日直接会場へも可。終了後も砺波駅から高岡駅に出るのが便利です。(例:17時砺波駅発→高岡→越後湯沢→21時20分東京駅着、次の列車だと、18時08分砺波駅発→高岡→越後湯沢→22時28分東京駅着)



◆申し込み・問合せは、NPOスローライフ・ジャパン 電話03-5312-4141 FAX03-5312-4554 
E-Mail/ slowlifej@nifty.comまで。
パンフレットが出来次第お送りいたします。◆
閲覧(5899)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。