2012
1月 2
(月)
11:16
2月は「スローライフ・フォーラムin日光」へどうぞ。
本文
皆様へ 今年もよろしくお願いいたします。

スローライフ・ジャパン、スローライフ学会は、2012年2月10・11・12日に栃木県日光市で『交流』をテーマに、恒例のフォーラムを開催します。

“真冬の日光”“東照宮以外の日光”は、未体験の方が多いのでは?合併で日本で3番目の面積となった日光市には、多様な魅力があります。こういう機会でないとなかなか訪れない地での分科会、そして分科会の議論を活かしての全体会。さあ、熱く交流しに出かけましょう。

地元の方とゆっくり語り合いながら、土地の魅力を確認し、相互に磨きあいたいと思います。どうぞご予定ください。現地に着けば市がバスを用意してくださいます。

10日(金)から2泊3日のご参加がおすすめです。下記の予定への申し込みは、スローライフ・ジャパンまで。1月中に。

申し込みは ↓ こちらから1月中に。
申込み用紙


詳しい行程はこちら。↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katudou/details.php?blog_id=135

◆◆「スローライフ・フォーラムin日光」2012年2月10日?12日◆◆
主催:日光市
企画・協力:NPOスローライフ・ジャパン、スローライフ学会

■2月10日(金) 足尾(あしお)分科会
・テーマ 『産業遺産と環境学習のまちづくり』
・時間 14時?16時 
・場所 足尾公民館
・登壇者 
 パネリスト:山田 功さん(足尾まるごと井戸端会議代表)、神山勝次さん(足尾銅山の世界遺産登録を推進する会理事長)、早野 透さん(桜美林大学教授)、 川島正英さん(地域活性化研究所代表)
 コーディネーター:野口智子さん(ゆとり研究所所長)
・夜なべ談義 17時?19時、国民宿舎かじか荘で。

※世界遺産を目指す足尾銅山、植林も少しずつ進み、負の遺産が環境学習の場に変りつつあります。その動きを起こしている市民の方々と話し合います。個人ではなかなか行く機会のない足尾銅山、目で確かめる良いチャンスです。宿には良い温泉があります。

写真は足尾銅山跡

















  
■2月11日(土) 栗山(くりやま)分科会
・テーマ 『山里のおもてなし?「食」と「まつり」』
・時間 14時?16時 
・場所 栗山総合支所
・登壇者 
 パネリスト:平 英一さん(川俣自治会長)、伴 隆文さん(日光市文化財保護審議会副会長)、柏村祐司さん(栃木県立博物館名誉学芸員)、山下 茂さん(明治大学公共政策大学院教授)、斉藤 睦さん(地域総合研究所長)
コーディネーター:坪井ゆづるさん(朝日新聞論説副主幹)
・夜なべ談義 17時?19時、旅館「大野屋」で。

※平家の落人伝説のある栗山地区。川俣には国の重要無形文化財「元服式」が伝わり、「石焼」や「ばんだい餅」など独特の食文化が。地域ごとの獅子舞も。地域の「食」と「伝統・祭り」の重要性を語り合います。夜なべ談義では、囲炉裏を囲みながら山里の味を。

写真は大野屋の山里料理


















■2月12日(日) 全体会
・テーマ 『「交流」?いまあるもの あたりまえが輝く』
・時間 13時30分?16時
・場所 藤原公民館(鬼怒川温泉駅前)
・登壇者
パネリスト
山田 功さん(足尾まるごと井戸端会議代表)、平 英一さん(川俣自治会長)、斎藤文夫さん(日光市長)
神野直彦さん(東京大学名誉教授・スローライフ学会学長)、野口智子さん(ゆとり研究所長、分科会報告兼)、坪井ゆづるさん(朝日新聞論説副主幹、分科会報告兼)
コーディネーター:増田寛也さん(野村総合研究所顧問・スローライフ学会会長)
・司会
長谷川八重さん(NPO法人スローライフ掛川・2分科会司会も) 

※2つの分科会報告の後、さらに議論を深める場。身近にあるもの、あたりまえと思っていることが宝であると気づき、それを原動力に交流が始まっていく・・・。これからの時代の「交流」の意味を探ります。全体会だけの参加もOK。駅前の会場のため便利。駅前に足湯もあります。

写真は鬼怒川温泉駅前、鬼像の向こうの建物が藤原公民館




















◆申込み・問合せ
NPOスローライフ・ジャパン
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554
メール slowlifej@nifty.com

申し込みは↓こちらから1月中に。
申込み用紙
閲覧(6034)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。