2015
1月 26
(月)
14:55
2月の「さんか・さろん」は福島の映画会
本文

「物置のピアノ」http://www.cinemanest.com/monookinopiano/

 

2月の「さんか・さろん」は映画『物置のピアノ』の上映会です。昨年福島で先行の後、秋には東京はじめ全国で、そしていま、各地の様々な団体が自主上映会を開いています。スローライフ・ジャパンでも、上映を望んでいました。映画の制作委員会に理事・瀧栄治郎さん、スローライフ学会の創設時からのメンバー・武重邦夫さんが加わっているからです。今回お二人のご協力を得て、「さんか・さろん」で上映、語り合う機会が実現しました。


この映画の原作、脚本ともに福島県出身の20代の若者。監督、スタッフも製作陣は平均32歳のメンバー。東日本大震災が発生し、その前から始動していた映画製作が中断。映画をつくって精神的な面で故郷のひとたちの心を支えることはできないだろうか」と中断していた映画製作は再開されました。地元、桑折町の人々、仮設住宅に避難している人々もエキストラとして参加。8年の歳月を経て映画は完成しました。


物語は3・11の被災地である福島県桑折町を背景に、桃農家に育つ女子高校生の多感に揺れるこころを描いています。農業生産に、また映画づくりにも災害が大きく響いていますが、そこを越えてゆくスローライフの物語・・。すばらしい野山と桃、そして暖かい農家に育った姉妹が、世の流れに揺り動かされて、それぞれに違った若さを見せてくれます。とくに、ピアノに魅せられた妹の味わいのある青春物語といえます。


3・11からもうすぐ4年目をむかえます…いま一度福島に、そこに生きる人々に目を向けていただける機会です。一般の方のご参加は1000円(会員は500円)です。お知り合いの方々をお誘いあわせの上、皆さまでお越しください。
尚、会場がいつもと違っています。新宿区のNPO団体のための建物です。下記の会場URLご確認ください。


日時:2015年2月17日(火) 19:00〜21:30
会場:新宿NPO協働推進センター5F  新宿区高田馬場4-36-12

    もと西戸山第二中学校跡施設、校庭もあり一見学校ですぐわかります。

   (JR山手線・西武新宿線・東京メトロ東西線「高田馬場駅」徒歩15分弱

    都営バス・関東バス「小滝橋」バス停徒歩4分)
http://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000143374.pdf


映画紹介:武重邦夫(企画・制作)
       テーマ「〔物置のピアノ〕と若者たち」
         [プロフィール] 映画監督。日本映画学校・日本映画大学相談役

                   (株)シネマネスト  JAPAN設立者
参加費:会員500円 一般1,000円
主催:NPOスローライフ・ジャパン/スローライフ学会
申込み・問合せ:スローライフ・ジャパン TEL03-5312-4141  FAX03-5312-4554

メールslowlifej@nifty.com

(会場の定員になり次第締切)
 

閲覧(12802)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。