2015
3月 26
(木)
15:22
4月21日のさろんは「島根県海士町」のお話
本文

4月21日の「さんか・さろん」は、いま話題の元気いっぱいの町、島根県海士町のお話を、スローライフ・ジャパンの田嶋義介理事(島根県立大学名誉教授)からうかがいます。

 (写真は松阪牛並みの高級ブランドとなった「隠岐牛」を育てる町の潮風ファーム。〜海士町提供)

 

いまや、まち・むらの人口減少時代に入って、国も地方創生を新年度予算の最大課題として取り組んでいます。スローライフ学会でも増田寛也会長が、だれよりも早く「増田警告」を発して以来、まち・むらへの呼びかけを強めてきました。田嶋レポートもその一つです。

タイトルは「人口増に手が届く離島、隠岐・海士町の内側」。田嶋さんは、レポートについて《町村合併に失敗、2004年に「最後尾から最先端へ」を掲げ、自立へのスタートを切った小さな町のサクセスストーリーを探る》と話しています。


○日 時:平成27年4月21日(火)19:00〜21:00
○会 場:クオリティKK・会議室マーキュリールーム

  (千代田区麹町3―3KDX麹町ビル6F・最寄り駅―地下鉄麹町駅)      

  http://www.quality.co.jp/company/map/map_tokyo.html 

○講 師:田嶋義介さん(島根県立大学名誉教授・スローライフ・ジャパン理事)

○タイトル:「人口増に手が届く離島、隠岐・海士町の内側」
○主 催:スローライフ学会・スローライフ・ジャパン
○参加費:会員1,000円、一般2,000円(学生500円)

     どなたでも参加できます。
○申込み:4月20日までに下記へ。(定員になり次第締切)
      メールslowlifej@nifty.com  

     TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554

閲覧(11197)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。