2015
8月 6
(木)
15:44
8月の「さんか・さろん」は雲仙と地方創生のお話
本文

 

 

 

 

 

 

お盆休みが終わり、急に涼しくなった東京です。いかがお過ごしでしょうか?

 

 

 

 

8月の「さんか・さろん」のご案内。今回は、九州・長崎、島原半島雲仙市から「この秋、雲仙へ」〜地方創生を語る〜と、旅ごころを誘うお話です。

 

 

雲仙、といえば、だれもが知っている観光のメッカの一つ。でも、まちの風景はじめ地勢、産業、文化、観光など、知っているつもりでも知らないことも、まだまだたくさんあるはずです。

 

 

スローライフ学会、スローライフ・ジャパンがご協力するフォーラムが、この秋、10月31日(土)・11月1日(日)雲仙市で開催と決定。

 

 

 

 

美しい雲仙、美味しい雲仙、を知り、さらに地元の方々と「地方創生」について語り合うフォーラムになりそうです。

 

 

 

 

 

この度先駆けて、皆様に雲仙市をご紹介と、雲仙市政策企画課課長補佐:松下 隆さんにおこしいただきます。

 

 

風景はもちろんのこと、良い温泉や個性あるホテル・旅館でも知られる雲仙市。秋はまた、一段と温泉が魅力的です。

 

 

 

すばらしい地域野菜を活かしたお料理も、今の新しい動きとしてあるとか。海を見下ろす棚田のお米もおいしいでしょう。

 

 

 

その雲仙で暮らし、地域をつくる熱い人々と、熱く語り合いましょう。移住定住・生業起こし・子育て・地域連携などなど、考えることは雲仙以外の地域と共通するものでしょう。

 

 

 

これからの雲仙、島原半島、長崎県まで視野を広げながら・・・。抱える今の課題やそれに向けての具体策を、地元と外からの参加者とともに知恵を出し積み上げていきましょう。

 

 

 

18日の「さろん」では、雲仙の究極のスローフード「こぶ高菜漬け」(珍しいこぶのある品種の高菜)と、
「エタリ」(イワシの塩辛)などで塩分補給しながら、地元のお酒なども。お久しぶりの「さろん」です、リラックスムードで雲仙を楽しく学びましょう。

 


○日 時・・・8月18日(火)19時〜
○会 場・・・クオリティKK・会議室マーキュリールーム
       (千代田区麹町3丁目3 KDX麹町ビル6階)
  http://www.quality.co.jp/company/map/map_tokyo.html
  地下鉄麹町駅の近く。
  新宿通りに面して麹町4丁目交差点から半蔵門寄り徒歩1分。 

 

○講 師・・・松下 隆さん(長崎県雲仙市政策企画課課長補佐)
○テーマ「雲仙へどうぞ」〜地方創生を語る〜


○主 催・・・スローライフ学会、スローライフ・ジャパン
○参加費・・・会員1,000円、一般2,000円(学生500円、講師紹介1,000円)

○参加ご希望の方は8月17日までにこちらまで。
 メールslowlifej@nifty.com
 TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554

 


※写真は上から国崎半島、観光客に人気の「緑のトンネル」、雲仙温泉の老舗ホテル、小浜の夕陽。いずれも雲仙市からお借りしました。

 

 

閲覧(8108)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。