2017
3月 31
(金)
15:51
増田寛也さんの「さんか・さろん」
本文

 

 2月21日の「さんか・さろん」は毎年年初め恒例の増田寛也学会長の「年の初めに」のお話でした。

 

 

 約30人の方々にお集まりいただきました。

 

 

 

 

大きく三つのお話がありました。

1、「グローバル・アジェンダ」 トランプ大統領就任から、日本もより危機感をもって立ち向かうべき。

2、地域をどう「伝える」か 地域のよさを伝える力とは?

3、「田園都市構想」を見直す 地域と都市のあり方をもう一度考え直そう〜大平正芳さんの講演録の抜粋メモをもとに。

 

 

お話のあと、質疑応答の形で

いくつかのやりとりもおこなわれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また「さんか・さろん」ではおなじみとなった福島県飯館村の「しみ餅」の紹介が渡辺均会員から、野口智子事務局長からは、和歌山県紀の川市フルーツ博「ぷる博」の紹介もありました。

 

 

 

 

   

 

    詳しくはこちらから                                                  

   

閲覧(495)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。