2019
5月 22
(水)
21:58
6月さろんは「地域コミュニテイを作る小さな試み」
本文

6月からの「さんか・さろん」は、『あらためて東京を考える』を、シリーズで開催します。
概要は・・・
<6月>「地域コミュニティを作る小さな試み」:吉田俊実さん(東京工科大学教授)
<7月>「小池都政を斬る」:塚田博康さん(元東京新聞論説委員)
<8月>  夏休み
<9月>「練馬区で世界農業サミットを開く」:斉藤 睦さん(地域総合研究所所長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは6月18日の内容です。

・日 時:6月18日(火) 18時〜20時
     ※18時からです。ご注意ください。
   
・タイトル:地域コミュニテイを作る小さな試み〜八王子市「由木村」の場合

 

・講 師:吉田俊実さん(写真)


昭和女子大学文学部専任講師を経て、1997年より東京工科大学に勤務。現在、東京工科大学教養学環教授。映画倫理機構年少者映画審議会委員。東京新聞新聞報道のあり方委員会委員。専門:言説分析、メディア批評など。

 

・内 容:※吉田さんからこのようなコメントが届いています。

 

〜私の住んでいる多摩ニュータウンの一隅はかつての由木村の一部でもあった。八王子市に編入合併される前は、7000人弱の酪農・農業、養蚕を主としたのんびりした村だったが、合併翌年に打ち出された新住宅市街地開発事業(いわゆる多摩ニュータウン開発)で大きく様変わりすることになる。変わったのは地形だけではない。土地とのつながりをまったくもたない「新住民」が大量に流れ込んで来た。私もその新住民の一人。旧村民と新住民との接点をどう作ることができるのか。いま、新旧住民がつながりたくて動き出している。今回紹介するのはその小さな試みである。〜
 
・会 場:クオリティソフト株式会社東京本部・会議室マーキュリールーム
     東京都千代田区麹町3-3-4 「KDX麹町ビル」6階
      ※麹町4丁目の交差点から見える「成城石井」の並びにあるビル。
       有楽町線 麹町駅 1番出口より徒歩1分/半蔵門線
      半蔵門駅2番出口より徒歩8分
       http://www.qualitysoft.com/corporate/office#tokyo_office

・会 費:会員1,000円、一般2,000円(学生500円)

・申込み:メール slowlifej@nifty.com  TEL 03-5312-4141

閲覧(1082)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。