2009
10月 8
(木)
11:45
筑紫哲也賞、締め切り間近!
本文














昨年亡くなった筑紫哲也(ジャーナリスト・当NPO理事)の遺志を継ぎ、スローライフの視点を全国に広めていくために設けた作文コンクール、この応募締切が近づきました。「書きたい」と思いつつ、まだの方、ぜひとも今からでもペンをとりご応募ください。要項をあらためて記します。またこのホームページのトップページ左にある“詳しくはこちら”をクリックしていただいても。

□公募タイトル
第一回筑紫哲也賞“スローライフの眼”作文コンクール

□主催
NPOスローライフ・ジャパン、2009鳥取・因幡の祭典実行委員会

□協力
鳥取県、鳥取市

□後援
岩美町、若桜町、智頭町、八頭町

□開催の趣旨・目的
ジャーナリスト・筑紫哲也のスローライフ運動の遺志を継承するために、実施する作文コンクール。第1回は作文「神話・伝説・昔話から学ぶこと」を募集。

□応募先・問合せ
〠102-0085東京都千代田区六番町6-1パレロワイヤル六番町310 NPOスローライフ・ジャパン 筑紫哲也賞“スローライフの眼で”作文コンクール係

TEL03-3221-5113 FAX03-3221-5114 E-mail slowlifej@nifty.ne.jp
URL http://www.slowlife-japan.jp/

□募集内容
神話・伝説・昔話から一つの話を題材に選び、‘ゆっくり、ゆったり、ゆたかな’こころを目指すスローライフの教えを読みとる。例えば『因幡の白うさぎ』であれば、苦労せずに速く結果を得ようとする利己心への戒めとか、民間医療、恋物語などについて採り上げる。

□募集規定
・A4版用紙、5000字以内。郵送かメールで。本文のほか別紙にタイトル、氏名(ふりがなつき。ペンネームの場合は本名も)、住所、電話、メールアドレス、    年齢、性別、職業。
・扱う物語の題名と、あらすじ、解説を200字ぐらいで添付。

□応募資格
規定しない

□賞
筑紫哲也賞1編=50万円、
優秀賞1編=10万円、
鳥取・因幡賞1編(「白兎伝説」など鳥取・因幡地域の物語を題材にしたもので、筑紫哲也賞に外れた作品から)=10万円、
佳作10編=図書カード1万円分、
スローライフ賞30編=記念品

□締切 2009年10月31日必着

□発  表 2010年1月下旬 ウェブサイト上などで発表、入賞者に通知

□審査員名 増田寛也・スローライフ学会会長
神野直彦・関西学院大学大学院教授
中村桂子・JT生命誌研究館館長
早野 透・ジャーナリスト
広瀬道貞・日本民間放送連盟会長
山口昭男・岩波書店社長
川島正英・NPOスローライフ・ジャパン理事長

平井伸治・鳥取県知事、竹内 功・鳥取市長

□諸権利 入賞作品の著作権、使用権は主催者に帰属

■ご応募お待ちしております。
閲覧(8962)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。