SLJ さんの日記

 
2013
5月 21
(火)
11:51
瓦版2013.5.21第158号
本文
**********************************************************************
 
  週刊スローライフ瓦版 (2013.5.21 第158号)

発行:NPOスローライフ・ジャパン
                     スローライフ学会

**********************************************************************


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
東京・渋谷の話題の最新鋭ビル「ヒカリエ」で、47都道府県から一人ずつ登場
させたクラフト「NIPPONの47人」展が開催中。奈良県のテーブルに注目したい。
川上村の工房「白い犬」の山本直美さん。昨年のわが学会の富山県高岡市での
「スローライフ逸品大集合」にも出品されていた杉や桧材のリンゴが懐かしい。
http://www.hikarie8.com/d47museum/2013/03/nippon47-2013-craft.shtml
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コラム<火曜日の鐘> 斉藤 睦(地域総合研究所所長)
 ̄ ̄ ̄    国が融けてゆく…?

 アベノミクス第三の矢に「世界に勝つ」というキーワードが登場しました。
“登記はケイマン諸島、経営陣は香港在住、工場は中国とベトナムにあり、製
品サポートはフィリピンとクロアチアのコールセンターが行う―”ことが、当
たり前のこの世界で、「勝つ国」っていったいどんなものなのか。英語が話せ
て、タフな交渉力があって、24時間働ける人材を供給する国? それとも法人
税を低くし、多くの優秀企業立地を呼び込む方が、効率の良い勝ち方? 
 ある評者が、いまこの国がやろうとしていることは、「日本の国富を各国の
超富裕層の個人資産に移し替えるプロセス」なのであるといっていました。
 市場という時々刻々の「通信簿」が政策の良し悪しを決める事態は、まさに
そうですね。グローバル化とは勝ち負けどころか、国が融けてゆく時代なのか
…と、考える今日この頃です。



学会コラム<緑と絆の木陰> 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
 増田 ?也(野村総合研究所顧問)人口減少時代の希望

 先日発表された2040年の地域別人口推計を見て、あらためてわが国の厳しい
将来の姿が浮かんでくる。東京を含む全ての都道府県で人口が減り、全体で20
%の減少、秋田県では35%も減少する。東京でも都下の都市だけでなく足立区
や葛飾区など23区でも人口が20%減少する区がある。また、高齢化も進むが、
高齢者の実数では、地方部はおおむね横ばい、東京などの大都市では激増する。
東京では、医療や介護のニーズに対して全く対応できないことが予想される。
このように、これまで高齢化問題には地方が苦しんでいたが、これからは東京
が深刻に苦しむ時代を迎える。
 人口増が善とされ、社会を支えるシステムの大前提となっている時代は終っ
た。「東京機関車論」のように高度成長期の拡大、膨張志向、地方は東京の後
姿を追いながら大企業の工場誘致を競う発想は通用しなくなった。国家の「成
熟期」には「成長期」とは異なる価値を大事にしたいと思う。経済成長のため
犠牲となった価値に敢えてこだわりたい。
 「画一性から多様性へ」は単なるスローガンではない。多様な価値を認め合
うことから人口減少時代の希望が見えてくる。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

















【逸村逸品】ひとこと紹介?http://www.facebook.com/slowlifej
栃木県那須町の「おいしい那須暦」。農産物、観光情報が描かれた町民手作り
で毎年発行されています。昨年の「スローライフ逸品大集合」で入賞した名作。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


■街角から畦道から

「道草」あれこれ 社頭文吾(佐賀市在住) 

今、邦画が面白い。上映中では「県庁おもてなし課」と「図書館戦争」、とも
に原作は高知県出身の有川浩さん。(ちなみに「図書館戦争」では、佐賀県内
での撮影もありました。)就中「県庁…」は、自分の立ち位置に照らしながら、
「あるある!」「えっそこまで?」と頭の中でつぶやき、また高知県と佐賀県
の観光資源比較をシミュレーションしながら。2組のラブストリーも絡めてあ
って、結構楽しめた。有川作品で次にぜひ映画化してほしいのは「植物図鑑」。
毎日、愛犬の散歩をする多布施川河畔の楽しみは、道端の草。春先はヨメナ、
ノビル、タンポポ、土筆…食べられる野草探し、そんなことを続けているうち
に次第に「道草」の名前が気になりだし、スマホで花や葉の形や色、見た季節
とかの情報でネット検索、それこそ道草をしてしまう羽目になる。(「道草を
食う」のは馬も人も同じってことか。)最後は、FBで写真をアップして情報を
もらうこともしばしば。名前がわかった時のすっきり感も、楽しみのひとつ。
横道にそれたが、映画化を、この多布施川を舞台にやってくれないかなと思う
このごろ。そろそろ、クズの若芽の季節…。


============================================================ PR ====
米粉のまち・胎内市から・・・
新潟市内に胎内市の米粉パンのパン粉を使った「串カツ屋」さんと「タレかつ
丼専門店」がオープンしました。さすが、お米にこだわる新潟です。
http://tainai-komeko.blogto.jp/archives/28093945.html
======================================================================


■まち・むらニュース

・熱海市 「全国商店街おかみさん交流サミットin熱海」が来月に

地域再生は商店街のおかみさんの“勇気・やる気・元気”で・・と、全国から
おかみさんが熱海に集まる。このサミットは今年で第21回目、長年続くおかみ
さんのパワーが交流を支えています。おかみさんでなくとも参加できます。
 6月5日(水)14時開会?19時30分閉会
 熱海後楽園ホテル(熱海市和田浜南町10-1)で。参加登録料18,000円
 第1部 基調講演「食を通じて、熱海の街おこしを」
          ワインソムリエ 田崎真也氏“食を愉しむ”
     パネルディスカッション“Atami de ReBorn 新生熱海”
 第2部 交流パーティー 全国おかみさん会大賞表彰など
問い合わせ/熱海事務局?0557-81-5141 さいたま事務局?048-643-1234


・東京都 日本生産性本部の「春の労使交渉」についての主張

生産性新聞「主張」は、4月25日号で「春の労使交渉 多様な労働力の参画と
質の向上に向けて」と題して次のように論じている。
2013年春の労使交渉は、昨年と同様に、賃上げよりも一時金が焦点となる展開
を見せた。自動車や電機等の大手企業の交渉では、一時金の満額回答が相次ぐ
など、上げ潮ムードもあったが、一方の基本賃金については「賃金体系維持」
や定昇分確保という結果が大勢を占めている。その背景には「アベノミクス」
の効果もあって、円高是正や株価上昇で輸出産業を中心に業績の改善が進んだ
ことが大きい。ただ個別企業の格差も広がっており一様ではないことにも注意
する必要がある。(続き)http://www.jpc-net.jp/paper/shucho20130425.pdf



コラム<象さんの散歩> 『県庁おもてなし課』を読んだ、観た 
 ̄ ̄ ̄
 シビック文学とでも呼ぼうかな、と思いつゝ、作家「有川 浩」に注目して
いたが、作品を読む機会もなく、その原作の映画を観ることもなかった。だが、
映画『県庁おもてなし課』を先週に観た。先がけて大急ぎ小説も読んだ。  
 有川浩女史は、現実に高知県「観光特使」。また高知県庁に「おもてなし課」
は実在する。同名の小説を著わした。あとはフィクション。でも、かつて県の
動物園への「パンダ誘致」企画があったとか、まるごと「県レジャーランド化」
構想が進む、などは現実と政策の交錯する要素もあって面白い。楽しい。
 舞台の高知県は、ないないづくし。「けんど、光はある」。わが学会が手伝
っている奈良県南部の「むらづくり」地域と同じ自然状況。観光政策でうなず
かせる点も多い。二つの恋物語の描写も、ほのかで、さわやかで・・。
 原作と映画が大きく違う場面は、恋人二人の最初の出会い、また観光特使が
おもてなし課の青年職員を紹介する舞台が、新聞対談からテレビ番組に変わっ
た、など。評判どおり出来栄えのいい小説と映画化であった。∨ 川島正英 ∧



コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅> ビスカリア
 ̄ ̄ ̄
この時期咲くピンク色のふわっとした草花、この花が大好きです。茎が弱くて
姿が乱れがち、それだけに風情があります。“気をつけ”で整列しているよう
な生花店の花よりも、あっちこっちに暴れている花の方が活けがいもあるとい
うもの。姉が毎年種を蒔き、その苗を分けてもらい私も育てる。花好きの両親
から受け継いだ、花好き姉妹の花作業。「今年も満開よ」と電話しなきゃ。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=209



============================================================ PR ====
「日光『食』の研究所」から・・・
日光杉並木街道は、総延長37キロにも及ぶ、日本が世界に誇る並木道。国の特
別史跡・特別天然記念物の二重指定を受けた貴重な文化遺産です。
http://nikkokekko.blog121.fc2.com/blog-entry-231.html
======================================================================



■編集室便り

□今日の「さんか・さろん」は、島村菜津さんです。
 
  みなさんも先刻ご存知のノンフィクション作家。スローフード社会
  を語って第一人者である。講演のテーマは、最近の著書そのままの
  
   「スローシティ?均質化に抗うイタリアの事例に学ぶ?」
   
  ということで、お願いしました。
  
 ○とき・・・5月21日(火)19時?21時
 ○会場・・・クオリティKK(千代田区麹町3丁目3 KDX麹町ビル6階)
       地下鉄麹町駅の近く。
       新宿通りに面して麹町4丁目交差点から半蔵門寄り徒歩1分。
       「成城石井」のビル左隣り建物の6階。
 ○主催・・・スローライフ学会
 ○参加費・・会員1,000円、一般2,000円。(学生500円、講師の紹介者1,000円)
 ○申込み・・NPOスローライフ・ジャパンへ。03-5312-4141  
       メール slowlifej@nifty.com
       もしくは、090-7433-1741(野口)へ。

 くわしくは
 http://www.slowlife-japan.jp/modules/katudou/details.php?blog_id=175



 □先週の「瓦版」での誤りについてお詫び

 「瓦版」157号 の学会コラム「緑と絆の木陰?象さんの散歩」の原稿で、
 一文字間違えて送ってしまいました。神野直彦先生と読者のみなさんに
 ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。



 □平成25年度の会費をお願いします。新会員も募集中。

 スローライフ学会はNPOスローライフ・ジャパンが運営する学会(学長・
 神野直彦、会長・増田寛也、副会長・中村桂子)です。
 スローライフについて多くの分野から学び、楽しく語り合う。また、全国で
 スローライフなまちづくりをすすめる皆さんとのつながりでもあります。
 
 年会費5,000円。会員は、この「瓦版」に記事を出したり「さんか・さろん」
 などで交流したり。会費は下記の口座へお振り込みください。

 【振込先】
 ゆうちょ銀行 振替口座 00190?4?595293 スローライフ学会
 三井住友銀行麹町支店 普通預金 8811176 スローライフ学会 
  


============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
野菜の皮やヘタや種などを煮出した“おだし”は「ベジブロス」と呼ばれてい
ます。これをたっぷり使った限定メニュー「野菜だしと豆乳の具だくさんスー
プパスタ」たまな食堂でお試しを。 http://nfs.tamana-shokudo.jp/?p=3974
======================================================================


■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

この「週刊スローライフ瓦版」、バックナンバーをアップしています。
まだご覧になっていない方、こちらからご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/mailmagazine/details.php?blog_id=2

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区坂町21 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/





--------------------------------------------------------------------------------
閲覧(5815)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。