SLJ さんの日記

 
2013
6月 4
(火)
17:16
瓦版2013.6.4第160号
本文
**********************************************************************
 
  週刊スローライフ瓦版 (2013.6.4 第160号)

発行:NPOスローライフ・ジャパン
                     スローライフ学会

**********************************************************************


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ことしの「スローライフ・フォーラム」は奈良県と共催の形で11月下旬に開く
ことが固まってきました。奈良県川上村で、<「むら」に暮らす>をテーマに。
今週から「編集室便り」でワン・ポイントずつ詳しくお知らせしていきます。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コラム<火曜日の鐘> 丸岡 一直(社会福祉法人二ツ井ふくし会理事長)
 ̄ ̄ ̄     北の野の「赤ひげ先生」

 北の野・秋田県二ツ井町(現能代市)で、ひとりの医師が亡くなりました。
地域の広い尊敬を集めた方で、私は常々「赤ひげ先生」と呼んでいました。
 昭和50年代、町でがん患者の増加が問題となりましたが、多くは生活に手一
杯で、日中、医者の話など聞いている暇はない。ならば医者仲間と手をつなぎ、
こっちから出かけていこう。毎日の診療を終えた夜、週に4、5回。時に夜10
時まで。夜間衛生教育、と名づけたボランティアの運動は20年近くに及び、劇
的な成果を生み出しました。受診率が飛躍的に向上し、やがて国民健康保険税
の大幅引き下げにつながります。草の根的な医師の行動が、住民の福祉向上に
直結したのです。
 スローライフを落ち着きのある社会と理解すれば、支えるのはこうした人た
ちの存在でしょう。が、珍しくなりました。医師の名は、関信義。戦前最後の
早慶戦を見届けた慶応ボーイ、90歳。最後まで酒とたばこを離しませんでした。 



学会コラム<緑と絆の木陰> 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
 坪井ゆづる (朝日新聞東北復興取材センター長・仙台総局長)
原発被災地で聞いた話
 
 五月晴れのある日、福島県いわき市を歩いた。原発爆発で日常生活を奪われ
た人々が暮らす仮設住宅の一角で、こんな話を聞いた。
 東京電力福島第二原発がある楢葉町はいま、町役場も町議会も町立の小学校
も中学校も、いわき市内に間借りしている。楢葉町がいわき市に「仮住まい」
をしているような状態といえる。
 その楢葉町に、除染で出る汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設をつくる計
画がある。第二原発の隣接地が候補地だ。これに関連して、町議会は「そこに
仮置きするのは楢葉町内の土砂などに限る」という決議をした。
 この展開に、いわき市民から不信の声が上がる。「いわき市の除染土砂も置
いてくれてもいいではないか」「楢葉町に土地や建物を提供しているのに、協
力してもらえないのか」というわけだ。このままでは今後、両市町の住民の間
の感情的な対立が激化するのではないか、と心配する人もいた。多くの人々が、
貯蔵施設が「中間」ではなく「最終化」する不安を抱きながら、この問題と向
き合っていることも事態をこじれさせている。
 津波被災地とは次元がまったく異なる難問を、どう解決すべきなのか。電力
消費者の私たちが無関心でいていいはずがない。



▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽















  【逸村逸品】ひとこと紹介 ? http://www.facebook.com/slowlifej
長野県売木村「たかきびまんじゅう」。村の女性たちの高齢化で途絶えていた
名物のお饅頭を、10年ぶりに、地域おこし協力隊の若い女性が復活しました。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


■街角から畦道から

陸前高田市に触れて 坂田啓子(佐賀県小城市市民部) 

福岡市で開催された陸前高田市の鳥羽太市長のトークライブに行ってきました。
行こう!と思ったきっかけはFacebookです。鳥羽市長は、毎朝「ジャンボ!」で
始まり「がんばっぺし、ぺしぺしぺし」で終わる近況をラフ?に書かれています。
その人柄が滲み出る記事に、ぜひ生でお話を聞きたい!と思わされたのでした。
トークでは、被災地のことを忘れないで欲しい、ボランティアでしか被災地には
来ていけないと思われていたりするが、そうではない。普通に来て、思いっきり
遠くから来たことをアピールして、缶ジュースの一本でも買っていって欲しい、
と。これだけではないのですが、情報発信、人との繋がり、コミニュケーション、
大事だなと感じました。そしてそれは遠く離れていても充分可能だと。
さあ、明日の朝の鳥羽市長の「ジャンボ!」の次にはどんなことが書かれている
のか、いいことが書き連ねてありますように!


============================================================ PR ====
米粉のまち・胎内市から・・・
米粉の「樽ケ橋シフォンケーキ」はもっちりふわふわ。黒糖の香りと、クルミ
の食感がアクセントでおいしいです。樽ケ橋観光交流センターで新緑とともに。
http://tainai-komeko.blogto.jp/archives/28541793.html
======================================================================


■まち・むらニュース

・熊本県 愛林館の「棚田食育士養成講座」田植え編

農業が分かれば、食育も面白い。台所や食卓だけでなく、森と棚田から食育を
考えませんか?というお知らせ。 今回は、田植えをして、「農」の基本を考
えて、もちろん食事も作って、さらに自分の考えを発表する練習です。
http://airinkan.org/13tanashoku-taue.html
期日:6月15日(土)9時30分―16日(日)12時30分
場所:愛林館(熊本県水俣市久木野1071) 電話 0966?69?0485
料金:1万5千円(学生・大豆耕作団会員・食べる田助手会員1万2千円)
   1泊3食の費用、教材費、受講料を含む。新水俣駅まで送迎
定員:10人(あと6人)
夏休みの7月29?30日に「棚田食育士養成講座」初級編を開催。定員12人。



コラム<象さんの散歩> 「傘寿」に達したのですが・・
 ̄ ̄ ̄
 5月29日は、私の誕生日。80歳になった。世間では「傘寿」と呼んでいる。
私の傘も、たくさんの人に支えてもらって、何とか開いている。が、傘という
ものは、開いている形と閉じている形と、どちらが常態といえるのだろうか。
ともあれ、いかにすぼめていくか考える年頃、と思いつつあったが・・。
 「傘寿」の話題がにぎやかである。三浦雄一郎さんが世界最高のエベレスト
へ80歳登頂を果たした。渡辺美佐子さんが、傘寿を機に、これまで続けてきた
一人芝居の「化粧」を終幕させ、初めてシエクスピア劇、また男役に挑戦した、
などなど。私も、その「リヤ」を先週、座・高円寺で観た。リヤ王の「80を越
え・・」というせりふも聞いた。世間の話は、閉じる方向とは違う。
 誕生日のその日は、スローライフ・ジャパンの事務所の仲間と、私が「孫」
の役割りを押し付けているちびちゃん4人とその両親と、それにわが妻と息子
で、傘状のピザを頬ばるパーティをわいわい。楽しくて、昂揚して、ついつい
「なお傘をすぼめず、がんばります」といった展開に・・。 ∨ 川島正英 ∧
















コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅> 遠山郷
 ̄ ̄ ̄
1000メートルを越す山地、急斜面にはりつく集落。長野県の最南端「遠山郷
下栗の里(とおやまごうしもぐり)」のポスターが我家にあります。いつも
眺めて、いつか行きたいと思っていました。そしてついに先日、ポスターと
同じ景色の場所に。温泉に浸かり、“遠山ジンギス”を食べ、地元の人とも
語り合いました。いま、さらに熱い思いでポスターを眺めています。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=211


============================================================ PR ====
「日光『食』の研究所」から・・・
日光の黒檜岳から社山へと続く尾根からは、雄大な景色が楽しめます。中禅寺
湖側には、日光白根山、鈴ヶ岳、男体山・・。でも、足尾側を見れば松木渓谷の
荒涼とした景色が。 http://nikkokekko.blog121.fc2.com/blog-entry-235.html
======================================================================



■編集室便り

□6月<さんか・さろん>は梅沢典雄氏「伝統木構造を見直そう」・・・
 
  高度成長の波が、建築の分野でも大切な宝物を消失させてきた。京都の
  町屋など、ごく部分的に再評価されてもいるが、いま、あらためて伝統
  の木の構造、木の文化にスローライフの眼を注ぎたい。

  梅沢典雄氏は、東京芸術大学建築科を卒業、「最高裁判所」を設計した
  岡田新一氏の事務所へ。現在は、鎌倉に自らの設計事務所、木構造のア
  トリエを持つ。また鎌倉の街並みづくりの活動にも参加されている。
  
  講演は、木の文化とか伝統木構造のすばらしさを見直す流れ、鎌倉での
  まちづくりの新しい動きなどについて語っていただく。
  
 ○とき・・・6月18日(火)19時?21時
 ○会場・・・クオリティKK(千代田区麹町3丁目3 KDX麹町ビル6階)
       地下鉄麹町駅の近く。
       新宿通りに面して麹町4丁目交差点から半蔵門寄り徒歩1分。
       「成城石井」のビル左隣り建物の6階。
       
 ○主催・・・スローライフ学会
 ○参加費・・会員1,000円、一般2,000円。(学生500円、講師の紹介者1,000円)
 ○申込み・・NPOスローライフ・ジャパンへ。03-5312-4141  
       メール slowlifej@nifty.com




 □「スローライフ・フォーラムin奈良」メモ 
  ?11月23・24日。奈良県川上村で。テーマ:「むら」に暮らす

   Point1 「ねらい」
         
  わが日本は、高度成長時代の「大きく、強く、速く速く」という意識を
  ぬぐいきれていない。いや、アベノミクスの流れが、それをあらためて
  刺激しているともいえる。日本のすばらしい自然、文化、伝統が失われ
  ていく、それを大切にまもり育ててきた「むら」が消えていく。
  その危機感から、「むら」に入り、学び、語り、新しい甦生の道を見出
  したい、というねらい。これまでの学会フォーラムを総まとめしながら
  深化させたともいうべき催しです。

  奈良県は、行政区画の市、町、村の中の「村」を、12も残しています。
  市町村合併の嵐が吹き荒れて「村」が消えていった。とくに西日本で激
しく、近隣の大阪、京都、和歌山で一つずつ、兵庫、三重、滋賀はゼロ
  といった状況であり、奈良のがんばりを応援したい思いももつ。

  「みやこ」とともに、「むら」も歴史と伝統のある環境、自然、文化、
  民俗、さらに人情を培ってきた奈良県南。そこでいくつかの「むら」の
  水を育て、森を変え、地域を甦らせる試みを、ともに考え語りあう。



 □平成25年度の会費をお願いします。新会員も募集中。

 スローライフ学会はNPOスローライフ・ジャパンが運営する学会(学長・
 神野直彦、会長・増田寛也、副会長・中村桂子)です。
 スローライフについて多くの分野から学び、楽しく語り合う。また、全国で
 スローライフなまちづくりをすすめる皆さんとのつながりでもあります。
 
 年会費5,000円。会員は、この「瓦版」に記事を出したり「さんか・さろん」
 などで交流したり。会費は下記の口座へお振り込みください。

 【振込先】
 ゆうちょ銀行 振替口座 00190?4?595293 スローライフ学会
 三井住友銀行麹町支店 普通預金 8811176 スローライフ学会 
  


============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
「玄米ごはんからはじめる基本のたべごと教室」家ではなかなかできない炊き
比べ・食べ比べで、玄米の基本を。6月10日(月)19:00-21:00 参加費3000円
http://qwebm.quality.co.jp/mail/u/l?p=Bh9BpenHXscZ
======================================================================



■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

この「週刊スローライフ瓦版」、バックナンバーをアップしています。
まだご覧になっていない方、こちらからご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/mailmagazine/details.php?blog_id=2

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区坂町21 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/





--------------------------------------------------------------------------------






--------------------------------------------------------------------------------
閲覧(4709)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。