SLJ さんの日記

カテゴリー [週刊スローライフ瓦版] 
 
2013
12月 3
(火)
11:52
本文
**********************************************************************
 
 週刊スローライフ瓦版 (2013.12.3 第186号)

発行:NPOスローライフ・ジャパン
                     スローライフ学会

**********************************************************************


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
奈良フォーラムの余韻はまだ続きそうですが、平行して、来年1月の「青森
フォーラム」にも目を向ける時期に。12月「さんか・さろん」は奈良報告に
加え「青森フォーラム」の呼びかけもあります。(詳細は「編集室便り」に)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コラム<火曜日の鐘> 川島英樹(せたがや文化財団)
 ̄ ̄ ̄    偽装表示なしの「100%トーキョー」

 緑が少ない東京で、晩秋に色づくのは舞台芸術。中でも最大手の催し、フェ
スティバル/トーキョーで、「100%トーキョー」という演劇作品を観た。
 ドイツの劇団リミニ・プロトコルが、東京で4か月かけて制作。東京23区の
人口統計に基づき集められた、100人の市民による「ライブ意識調査演劇」と
銘打つ。1歳から79歳、男女、国籍、家族構成、居住区の人口比などを反映さ
せ、国会の選挙割が見習うべき精神で、「東京がもし100人だったら」を舞台
に乗せる。
 「折紙は得意ですか」「女性天皇に賛成ですか」…、次々に出される質問に、
彼らが「はい」か「いいえ」の場所に移動する様子が90分余り続く。脱税や浮
気の質問は暗がりでといった配慮はあるが、「やらせ」演出はない。
 東京と言いながら、23区に限っているのは大きな問題だろうが、じつに興味
深かった。調査結果もさることながら、それ以上に、人々が動くさまがおもし
ろい。戸惑ったり、毅然と歩んだり、お構いなしに動く子どもがいたり。集計
数字をみるだけでは判らない、「人」の姿が現れる。「演劇」たる所以だ。
 特定秘密保護法案などという物騒、かつ市民を舐め切ったお達しが覆いかぶ
さらんとする世に、演劇は、そして、ぼくたちは、もっともっと、こういう自
分たちの意思や姿を表明する試みをしなきゃいけないと思う。
 ちなみに、「猪瀬都知事は辞任すべきだ」は、大半が「はい」だった。



学会コラム<緑と絆の木陰> 

  増田 寛也(野村総合研究所顧問)
     
      限りなき可能性を秘めた川上村 

 スローライフ・フォーラムで奈良県川上村を訪れた。初日の村内めぐり、夜
の大宴会(地元の人々との心温まる交流)、翌日の物産展と「そまびと」選手
権大会(要は、丸太早切り大会)、充実した作品が集まった逸村逸品展を体験
しながら、気分はどんどん岩手県知事時代に戻っていった。
 われわれは、経済的利益を偏重し、金銭的価値を問い、規模の大きさや効率
性のみを追求して、物事が本来もつ多様な側面を見逃してきたのではないか。
これが、当時から現在に至るまで一貫した私の問題意識である。
 川上村は人口わずか1600人、保育園や小・中学校に通う子供たちは55人しか
いない。しかし、そこには「時間、余裕と安らぎ、良質な自然資産」など、従
来の経済成長一辺倒のモノサシでは測ることのできない、「限りなき可能性を
秘めた大地」が広がっていた。
 フォーラムでは、地元の荒井知事も加わり、各パネリストに川上村をはじめ
全国各地の「むら」に対する応援のエールを多様な視点で熱っぽく語っていた
だき、私自身も胸が熱くなる思いであった。夜の宴会のために素晴らしい家庭
料理を準備してくださったお母さん達や、若い女性達の活躍の姿が今でも目に
焼きついている。
 川上村の皆さん、フォーラムの関係者全員に心から感謝を申し上げたい。



▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽














  【逸村逸品】ひとこと紹介 ? http://www.facebook.com/slowlifej
沖縄県南大東村「国産ラム酒 CORCOR」。日本初の原材料100%国産のラム酒。
良質なサトウキビを使い、人工香料・化学色素を添加していません。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△



■街角から畦道から

 ビバ!川上村! 木暮衣里(スローライフ学会会員・東京)
 
 日刊ブログ新聞「ぶらっと!」で仲良しになった吉田志帆さんに会いに(!)
奈良県川上村のスローライフ・フォーラムに参加してきました。志帆さんは、
川上村役場の職員さんで、気持ちのまっすぐな素敵な若い女性です。2人の可
愛い女の子に恵まれ、優しい旦那様の実家で4世代8人家族で暮らしています。
現在2年半の長期育休中とのこと。そんな志帆さんの魂をそこここに感じつつ、
はじめての川上村ライフを目一杯満喫!「なんゆう祭」では「村弁(村おこし
弁当)」のプレゼンに声援を送り、「森と水の源流館」で枝に光る氷の映像に
うっとり。風情ある「朝日館」をうろうろして、ホテル「杉の湯」で朝の絶景
露天風呂に浸かる。丹生川上神社上社での交流会は、村の奥さんたちの手作り
料理と「茶がゆ三兄弟」に舌鼓を打ちました。会う方々皆さんが気さくで温か
い。そんな川上村に末長く幸あれ!と祈ります。


=========================================================== PR =====
米粉のまち・胎内市から・・・
ぐっと寒くなりました。熱々のグラタンはいかがでしょう?手のかかるホワイ
トソースも、米粉で作ると簡単です。少し昔のブログからご紹介です。
http://tainai-komeko.blogto.jp/archives/23408187.html
======================================================================


■まち・むらニュース

・奈良県 十津川温泉郷へバスの旅

奈良交通八木新宮特急バス開通50周年を記念して、定期バス料金が指定区間で
3割引になる。全長166.9km、停留所の数は167、高速道路を使わない路線では
日本一の走行距離を誇る路線バス。期間中、村の15の宿も特別価格で提供され
ている。源泉かけ流しの温泉で「ココロとカラダを癒す旅」はいかが。
開催期間:平成26年3月24日まで  主催:心身再生の郷づくり実行委員会
申込先:十津川村観光協会(1週間前までに予約が必要)
問合せ:電話0746-63-0200 http://totsukawa.info


・東京都 ことしも泉岳寺「義士祭」

歌舞伎やドラマで人気の「仮名手本忠臣蔵」。主君の仇討ちを果たした赤穂浪
士を祭る義士祭が、討ち入りの12月14日に高輪・泉岳寺で開かれる。供養が行
われ、討ち入り装束を身につけた行列が練り歩き、墓所では四十七士の墓に、
線香の煙がいつまでも立ちのぼる。
日時:14日11時? 場所:港区高輪「泉岳寺」(都営浅草線・泉岳寺駅A2出口)
問合せ:電話03-3444-7811 http://www.sengakuji.or.jp/



コラム<象さんの散歩>  「ちびっこ増やし隊」に期待を・・
 ̄ ̄ ̄
 奈良フォーラムのパネル討論は、三つの村の報告を下敷きにした。川上村は
「村の宴」での交流・懇親によって画期的むらづくりを進めたい、と。AKB48
のいま流行の曲に合わせて、歌と踊りを交えての楽しい報告だった。
 内容も斬新。注目したいのは、発表者4人のうち2人は若きママだった。そ
して「ちびっこ増やし隊」を名乗ったこと。坂本実絵さんと中平真菜香さん。
30代半ばで、2人目と3人目の子育て中。ともに一歳児。ふるさとへ戻った派
と夫のふるさとへ来た派に分かれるが、「村が子どもにいい環境」という考え
は同じ。ちびっこ増やし隊の同志隊員を10人も集めているのだ。
 これまでのワークショップや寄り合いも子連れで参加、フォーラム当日の発
表ばかりか、前夜の「村の宴」でも「鹿まんじゅう」づくりで大活躍・・。
 水はおいしい、空気はきれい、何より人情。NPOスローライフ・ジャパン
で進めてきた「安産の里」構想にふさわしい。3年前に、荒井知事と奈良県の
「むら」について語り合ったとき、奈良版の「安産の里」と「疎開村」構想を
提案したといういきさつがある。
 その安産の里に、期せずして「ちびっこ増やし隊」が取り組んでくれている。
そう、川上村プロジェクトの次のステップ、ここにあり。若きママたちに期待
をかけたい。ネーミングも「ちびっこ増やし」が現代風かな。∨ 川島正英 ∧



コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅> りんご遊び
 ̄ ̄ ̄
少し前に飯田市の天龍峡にうかがったとき、お仲間が「りんごクイズ」をして
くれました。皮をむくと見た目は皆同じ、食べた味で名前を当てる? これが
なかなか難しいものでした。一方、りんご園では好みのりんごを瞬間的にジュ
ースにする体験。自分がいま絞ったジュースを、その場で飲む感動を味わいま
した。真赤なりんごは、かわいく、おいしく、たのしいものでした。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=237


============================================================ PR ====
「日光『食』の研究所」から・・・
第10回わたらせ渓谷鐵道各駅イルミネーションがスタート。12月1日から来年
2月28日までの毎日、17時?各駅最終列車通過まで美しく点灯されます。
http://nikkokekko.blog121.fc2.com/blog-entry-264.html
======================================================================


■編集室便り

□12月の「さんか・さろん」、テーマは「奈良・川上村から青森市へ」。

奈良・川上村のフォーラムが終わったばかりですが、今度は青森市です。
来年の1月25日(土)・26日(日)に「スローライフ・フォーラムin青森」を開催。
テーマは『地域資源―「雪」「祭り」「方言」』、皆様ご予定ください。

12月の「さんか・さろん」では、奈良・川上村フォーラムの報告を詳しく、
そして、次の青森市でのフォーラムの予告を。

「スローライフ・フォーラムin青森実行委員会」の渡邉 希さん(青森市市民
生活部市民協働推進課)をお招きして、冬の青森の魅力と、青森フォーラムに
ついてご案内いただきます。

○日時:12月17日(火)19時?21時

○会場:都市センターホテル6階( 千代田区平河町2-4-1  TEL:3265-8211)
    ※いつもの会場ではありません。ご注意ください。

○終了後、青森の酒・青森の味のお店「しん坊」で忘年会となります。

○参加申し込みはスローライフ・ジャパン slowlifej@nifty.com まで。
 詳しくはこちらから
 http://www.slowlife-japan.jp/modules/katudou/details.php?blog_id=194



□スローライフ版・IT塾 ---------------------------------------------

パソコンが起動しなくなった(泣)!! データって助かるの?

ここ2?3日、デスクトップの画面がゆらゆら明るくなったり、暗くなったり
していたのですが、昨日の昼から、立ち上がっても5分くらいで画面が消える
ようになってしまいました。何度やっても同じです。保存していたデータって
パーになっちゃうんでしょうか‥。 <今にも泣きそうな編集部の野口智子>
   ▼
ハードディスクが壊れてなければ大丈夫だと思います。素人では無理ですが、
専門家や専門店に持っていけば、パソコンはともかく、データは助かる可能性
が高いです。でも、こういうこともありますので日頃のデータ管理は重要です。
パソコンも機械ですから、いつかは壊れます。こまめにバックアップを取るよ
うにしましょう。 <EDI:藤井頼暁>



============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
「たまな食堂」では、いまの時期、香り高い秋の食材と、ほっこりした冬の食
材、ちょうど中間のバリエーション豊かなおいしさが楽しめます。
ご予約はこちら  http://qwebm.quality.co.jp/mail/u/l?p=3UTD77l1ReQZ
======================================================================



■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

この「週刊スローライフ瓦版」、バックナンバーをアップしています。
まだご覧になっていない方、こちらからご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/mailmagazine/details.php?blog_id=2

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区坂町21 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/




--------------------------------------------------------------------------------
閲覧(4606)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。