SLJ さんの日記

カテゴリー [週刊スローライフ瓦版] 
 
2014
10月 14
(火)
11:18
本文
**********************************************************************
 
 週刊スローライフ瓦版 (2014.10.14 第230号)

発行:NPOスローライフ・ジャパン
                     スローライフ学会

**********************************************************************


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
台風が往き、さわやかな秋です。来週21日の「さんか・さろん」・・もう一度、
南牧村の「ちびっ子の遊ぶ里」を語り合おう・・の日和ですね。桜美林大学の
早野透教授と学生さん、また会員諸兄姉から、駆けつけます、の便りが続く。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



コラム<火曜日の鐘> 斉藤 睦(地域総合研究所所長)  
 ̄ ̄ ̄
     江戸人に学ぶ
   
 十五夜の月を見たら、十三夜の月もみておかないと「片見月」と嫌われると
聞いて、四国の友人から頂いたお芋で芋炊きもして、2回ともしっかりお月見
をした。そのあと今年は3年ぶりという皆既月食で、数日をおかずまた月を愛
でる時間がとれて、ずいぶんと充実した中秋だった。
 以前、浮世絵記念館に関わって浮世絵をたくさん見たことがある。そこに描
かれた江戸人たちの四季折々の自然との感応ぶりになんとも驚いてしまった。
春は着飾って花見にお出かけ、夏は舟遊びを楽しみ、秋は名月や虫聞きに夜を
そぞろ歩き、冬は雪見の宴をする。
 この、まるで何を措いても季節を味わい尽うというスローライフぶりには、
平成人はかなわない…なんてあきらめずに、今夜は虫聞きに繰り出そう。
 忙しく追いやってしまうにはもったいないほど美しい日本の秋に、いまさら
ながら、気づく今日この頃…。



学会コラム<緑と絆の木陰>  増田寛也(野村総合研究所顧問)

    スコットランドから吹いた風
 
 3年前、スコットランドのエディンバラを訪れ、自治政府高官にインタビュ
ーした際の言葉が忘れられない。「原子力潜水艦や核兵器は要らない。エネル
ギーは風力や潮流で十分自立できる」。「予算をロンドンの英政府に決められ
たくない。少々税金が高くなっても、自分達の国は自分達で守る」。
 英国からの独立を主張するスコットランド民族党が選挙で大勝した直後の民
族的高揚感の中であったとはいえ、アングロサクソンとは異なるケルト民族の
自信と誇りを存分に感じたインタビューであった。
 独立の賛否を問う住民投票は反対票が上回り、独立派の願いは届かなかった。
しかし、世界各地の独立運動に与えた影響は大きい。スペインのバルセロナで
は独立支持派が100万人の大集会を開催した。
 日本では沖縄の「琉球独立論」は強まるのだろうか。古くは1878年の「琉球
処分」(琉球併合)、そして近年の在日米軍基地の過大負担により、日本政府
や本土の人々に対する沖縄県民の目は厳しさを増す。グローバル化が進展し、
国家を超えた統合体を目指すEUなどの動きの一方で、民族単位で民族意識の高
揚に応えようという動きが国家の枠組みをどのように変えるのか、注視したい
と思う。



▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽














  【逸村逸品】ひとこと紹介 ? http://www.facebook.com/slowlifej
熊本県水俣市「たなだのかおり」。久木野の村おこし施設「愛林館」の看板商
品。香ばしい伝統品種の香り米と棚田米をブレンドしてあります。新米をぜひ。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△



■街角から畦道から

 松下隆(長崎県雲仙市職員)良いファストと良いスローを使いこなせるか? 

2008年の鳥取フォーラムから、ずいぶんご無沙汰して、今回、南牧村フォーラ
ムに参加しました。目的はズバリ、私が長崎県の片田舎である雲仙市職員とし
て「人口減少」を担当していることから、「増田会長に会う」と少々ミーハー
な気持ちで南牧村に乗り込みました。参加して感じたのは…私だけかもしれま
せんが、どうも地方行政の仕事は、経験の長さと中央思考のウエイトが比例し、
身体の脂肪だけではなく、頭の脂肪もドッサリ付いていたようです。この人口
減少問題は、経済を含む国力維持だけの問題ではなく、如何に地域(集落)が
元気でいるか? 行政主導でなく行政と地域(集落)の歯車が噛み合い、その
地域(集落)ならではの活動ができるか?と改めて認識しました。
この原稿のタイトルには、私が会員となった時に響いた筑紫哲也元理事の言葉
を使わせていただきました。今だからこそ、地域の良いファストと良いスロー
をちゃんと知らないとダメですね! 南牧村フォーラムは、こんな事を感じた
良い機会でした。南牧村の皆さん、お世話になりました。南牧村の良さに負け
ないよう、雲仙市の緩急自在の生活をお見せできるよう、活動していきます。
皆さん、今度は雲仙市へ是非「こらっさんですか!」



■まち・むらニュース

・岩手県遠野市 映画「蜩の記」エスコートブックを配布

<日本人の美しき礼節と絆>を描き、全国で公開中の「蜩の記」。そのロケ地
7割が遠野市であったことから、ロケ地を巡るエスコートブックが作成された。
映画関係者のコメントやロケ地、グルメ情報が掲載され、市内観光施設と県内
上演映画館で配布されている。
問合せ:遠野市産業振興部商工観光課TEL0198-62-2111
http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/25,29830,122,html
劇場情報などは・・http://higurashinoki.jp


・兵庫県豊岡市 コウノトリの郷公園の特別公開

特別天然記念物コウノトリの日本最後の生息地・豊岡市に、人とコウノトリが
共生できる環境と学習の場の提供を目的に設立された県立公園。その15周年を
記念して、通常非公開の飼育ゾーンが特別公開される。
日時:10月18日(土)・19日(日)午前10時?午後3時
場所・県立コウノトリの郷公園(JR山陰本線「豊岡駅」よりバス)
問合せ:県立コウノトリの郷公園TEL0796-23-5666
    http://www.stork.u-hyogo.ac.jp/announce/index_cate.php



コラム<象さんの散歩>  昭和の女性・有吉佐和子さん、没後30年
 
 有吉佐和子さんを、私は「おさわさん」と呼ぶことが多かった。
 そもそも朝日新聞で四つ年上の深代惇郎さんの紹介で。深代弟分の顔をして
おつきあいを。深代さんは、ヨーロッパ特派員と論説委員のあと、天声人語を
書いて2年7ヶ月、知性派で名文家と謳われつつ46歳で夭折した。
 兄貴と姉貴。ともに政治・社会を鋭く、しかも名筆で斬って知られた。その
語って飲む座に同席させてもらった。杉並区の妙法寺近くの邸宅、また赤坂の
佐和子さんなじみの料亭へも。すばらしい、もったいない雑談の場だった。
 また、「昭和6年会」と呼ぶその年生まれのグループとのつながりも。私は
昭和8年生まれなのだが、なぜかその会のリーダー格に親しい人が多かった。
政治家・海部俊樹さんとは官房副長官時代から、ホテルオークラ副社長・橋本
保雄さんとは家族ぐるみで。おさわさんも、この会のメンバーであった、
 昭和の女性・おさわさん。昭和の真ん中の53年を、明晰で情感豊かで、奔放
に生きた。「歴史を書く、<ヒズストーリー>でなく<ハーストーリー>を」
と語り、『紀ノ川』『華岡青洲の妻』『出雲の阿国』・・時代の空気を動かす
女性を描いた。その昭和の女性・おさわさんも遠くなった・・∨ 川島正英 ∧



=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
10月25・26日、大森の郷で、十津川名物の「めはり寿司」とビッグしめじの料
理体験があります。作ったあとは民家の絶景テラスでランチ。一日だけでも可。
http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/contents/1412561165849/index.html
======================================================================



コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅> ご近所遊び
 ̄ ̄ ̄    
遠方に行く仕事が多いので、休みの日は出かけたくありません。でも都会の狭
いマンションに一日いるわけにもいかない。で、近所を散歩します。高層ビル
も商店も住宅も混じっている街。お店を覗いたり、小さな花を愛でたり、写真
を撮ったり。使い方ひとつでお金は使わずにまちなかで楽しめます。究極はお
弁当を持って、六本木ヒルズのテラスで夕飯。本日もご近所で過ごしました。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=283



■編集室便り

□10月21日は“もっと南牧村を語ろう!”です。

先日開催された群馬県南牧村での「スローライフ・フォーラム」の内容をさら
に深める、次回の「さんか・さろん」です。

増田寛也さんの基調講演などの動画記録、写真報告などを見ながら、南牧村の
抱える普遍的な課題を考えます。

テーブルトークという形で展開された「ちびっ子万歳」「さきがけ政策」「仕
事おこし」「空き家活用」「東京とスクラム」というテーマは、さらに議論を
深めなくてはならないもの。フォーラムのときにアドバイザーとして参加した
方々の感想、そして各地からの参加者のご意見をもとに話し合いましょう。


○日 時・・・10月21日(火)19時から。
○会 場・・・クオリティKK・会議室マーキュリールーム
       (千代田区麹町3丁目3 KDX麹町ビル6階)
 http://www.quality.co.jp/company/map/map_tokyo.html 
 地下鉄麹町駅の近く。
 新宿通りに面して麹町4丁目交差点から半蔵門寄り徒歩1分。 

○主 催・・・スローライフ学会
○参加費・・・会員1,000円、一般2,000円(学生500円)
○当日の参加も受け付けます。参加ご希望の方はこちらまで。
  メールslowlifej@nifty.com
  TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554

詳しくはこちらから
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katudou/details.php?blog_id=221




□スローライフ版・IT塾 --------------------------------------------

Q:キーボードの「U」のキーが入力しづらくなりました。ゴミが詰まったの
か接触が悪いのか‥。ノートパソコンなのでキーボードを換えることもできず、
不便を感じています。いい解決方法はありますか。<編集室:篠原伊佐武>
  ▼
A:外付けのキーボードを持ち歩くという手はありますが、現実的ではないの
で、こういう場合は本体を修理した方がいいと思います。ただ、スマホやタブ
レットをキーボードやテンキー、マウスとして使えるソフトもあり、非常用に
使えると思います。このソフトは「ノートパソコンで数字を多く入力したいの
でテンキーを使いたい」というときにも便利ですよ。<EDI:藤井頼暁>



============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
和歌山から、おいしい秋茄子が届きました。身が締まって甘く、焼いたり揚げた
りすると実の部分がトロっとして、こっくりとした丸みのある味わいです。
「たまな食堂」でご堪能ください。>>> http://nfs.tamana-shokudo.jp/
======================================================================



■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
日本テレネット 株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

この「週刊スローライフ瓦版」、バックナンバーをアップしています。
まだご覧になっていない方、こちらからご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/mailmagazine/details.php?blog_id=2

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区坂町21 リカビル301
TEL 03-5312-4141 FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/
閲覧(5955)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。