SLJ さんの日記

カテゴリー [週刊スローライフ瓦版] 
 
2014
12月 23
(火)
15:34
本文

**********************************************************************
                             
             週刊スローライフ瓦版 (2014.12.23 第240号)

                                    発行:NPOスローライフ・ジャパン
                     スローライフ学会

**********************************************************************


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ことしの「瓦版」づくりは、今週号で終わりとさせてください。年の初めは、
1月6日からお届けします。新春の「さんか・さろん」は、1月20日(火)に、
学会の増田寛也会長から“地方創生”の年を語ってスタートです・・
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



コラム<火曜日の鐘> 川島英樹(せたがや文化財団)
 ̄ ̄ ̄
        今年いちばん
 
 今年一番の出来事は何かという話になった。呑み屋での会話ゆえ、自分の番
が来る前に、話題は違った方向に転がったが、ドキっとした。思いつかない。
その時、なぜか、ふと思い浮かんだのが、温泉で一泊した時のひとこま。浴場
の入口に休憩所があって、ゆったりとした椅子があり、窓越しには鬱蒼とした
木立が見えた。都合3回風呂場に通い、そのたびにそこでゆっくりした。
 帰る日、最後の風呂上り。この景色ともお別れだな、と思いながら、椅子に
もたれた。ぼんやり、外を眺める。澄んだ空気に、緑が美しい。幸せな気分に
のんびりと浸る。すると、正面の木に何やら赤い点が見えてきた。よく見ると
一つじゃない。それどころか、回りの木にもたくさんある。なんのことはない。
木々が赤い実をつけているのだった。驚いた。何度もずっと見ていたのに、今
までぜんぜん気がつかなかった。ぼくは、森を見て、木を見ていなかったのだ。
 2014年もあと1週間。でも、まだ1週間あるともいえる。来年の抱負の前に、
スピードを上げる師走の毎日を大切にしたい。
 もしかすると、そこに「今年いちばん」が隠れているかもしれない。



学会コラム<緑と絆の木陰>  

  坪井ゆづる(朝日新聞東北復興取材センター長・仙台総局長)

   「3.11」が「47分の3」になった

 衆院選挙を取材しながら、あーあ、ここまで来たのか、と暗澹たる気持ちに
なった。自民党と公明党で3分の2の議席を維持した結果についてではない。
投票率が過去最低になったことでもない。
 だれが、どう見ても、「3.11」が「47分の3」のテーマになっていたから
だ。選挙戦で、東日本大震災は全日本の政治課題というよりも、岩手、宮城、
福島の3県のローカル問題として語られた。一昨年の衆院選、昨年の参院選、
そして今回。国政選挙のたびに、震災が風化していく。
 いま、被災地では、復興の槌音が響き、集団移転も少しずつ実現しつつある。
その一方で、プレハブ仮設住宅から出られず、仕事もうまく回らず、立ち尽く
す人々がいる。いわば「復興弱者」と呼ばれるような人々が生まれている。
 だから、政治の出番はいくらでもある。それなのに、選挙戦では与野党とも
「被災者に寄り添い」「復興を加速させる」と語るばかり。これでは風化を止
められない。朝日新聞宮城版で選挙中に載せた有権者の声にこうあった。
「トイレまで3歩。風呂にも3歩。仮設住宅に住むのは2年と思っていたのに、
今の計画では5年になるかもしれない」



▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
 鳥取県青谷町「懐紙」。 千年以上の歴史をもつ因州和紙の里でつくられて
 います。男性用の大判懐紙は日常の様々なシーンで活躍します。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△



■街角から畦道から

 竹内義昭(東京都杉並区) カズコさん――老々介護の現実 (5)

夕食後のテーブルで、カズコさんが珍しく新聞を手にしている。ブツブツつぶ
やいているのはどうやら大きな見出しを読んでいるようだ。だが、新聞を上下
逆さまに持っている。それを指摘すると「あ、そうだったね」と言いながら、
「でも」と続ける。逆でも読めるのだと。
もともと新聞大好き人間だった。認知症が始まったころ、新聞を大量にベッド
の上に持ち込んで、深夜2時、3時まで起きていたものだ。本当に読んでいた
のかどうかよくわからない。何日も前の新聞をいくつも広げているので、どの
記事が面白いかと問うと「さあね」というだけ。認知症になっても活字人間の
習性はしっかり残っているらしい。



■まち・むらニュース

・秋田県男鹿半島 「ナマハゲ」を見にきてください

重要無形民俗文化財に指定されている「ナマハゲ」。大晦日の夜、面と藁製の
衣装をつけ、「泣く子はいねがー」などと大声で叫びながら家々を巡る。
男鹿の人々にとって、ナマハゲは、怠け心を戒め、無病息災・田畑の実り・山
海の幸をもたらす神様。でも、謎がいっぱいの風習。市内の「なまはげ館」で
じっくり見てください、とあらためて呼びかけている。
問合せ:男鹿市観光商工課 TEL 0185-24-9141
http://www.namahage-oga.akita.jp/gyoji.html


・大阪府東大阪市 枚岡神社の「お笑い神事」

この一年間、おなかの底から笑ったことがありましたか?神々の笑いによって
天の岩戸が開かれた故事にならい、毎年おこなれている神事。当日朝から新し
い注連縄が組まれ、10時になると宮司の先導で「あっはっはー」と3度、その
あと各自が20分間大いに笑いあう。
日時:12月25日 午前10時
場所・問合せ:枚岡神社 TEL072-981-4177(近鉄奈良線「枚岡駅」下車)
http://www.hiraoka-jinja.org/special/owarai-shinji.html



コラム<象さんの散歩>  クリスマス・イルミネーションを巡る     

 ことしも、街のクリスマスの灯りを訪ね歩いた。妻・宏子とふらり。計画的
でなく、一つずつ、夕暮れ、思いつくと夕飯までに一巡り、だった。
 イルミネーション、といえば名前を欠かせないミッドタウン、六本木ヒルズ、
表参道はさすが。新宿南口、帝国ホテルなども歩いた。宏子は、銀座ミキモト
真珠店おなじみのクリスマスツリーが姿を消すと聞いて、そこへも出かけた。 
 さらに、ことし初登場の目黒川「青の洞窟」。桜並木で知られるが、その桜
の枝を青色LEDで装飾、水流に青く映える。青色LED三教授のノーベル賞
授賞式の夕で、印象深い散歩となった。ことしオープンした虎ノ門ヒルズにも。
高級感とお手頃感のバランスをとったポリシーを感じさせるビル。クリスマス
飾りもアトリウム空間と屋外広場に白を基調とした造形で、なかなかだ。 
 わが夫婦の採点は「やはり伝統的で落ち着いた灯りがいい」となった。一つ
は丸の内仲通り。出かけたのは東京駅100周年記念日の前夜だった。
 あと一つは、恵比寿ガーデンプレイス。ことし20年だが、初めのころ”孫娘”
に「クリスマスツリーが東京一」と連れてきた懐かしい街。ガーデンの高台と
歩道のツリーもすばらしいが、クリスタルガラスのバカラ社のシャンデリアが
美しい。ことしは、同社の250周年記念で、史上最大の8mを超す飾りに創り
変えた。イルミネーションは「風格とまばゆさ」こそ・・ ∨ 川島正英 ∧  



=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
冬、十津川村へバスでやってきて村内に宿泊すると、バス代が無料になります。
「バス代無料キャンペーン」1月〜3月まで、協賛施設に限りますが、この機
会にバスで温泉に。詳しくはこちら → http://totsukawa.jugem.jp/?eid=884
======================================================================



コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  加工所はできたけど
 ̄ ̄ ̄    
とある山里の集落に農産物加工所ができました。村おこしの助成金を申請し、
それが叶って、建物ができ、ピカピカの加工機械も揃いました。でも「ここで
誰が何をするの?」。ことを進めた男性陣は、「建てれば女衆が使う」と思っ
ていた。申請する前に何も意見を聞かれなかった女性たちは「金がかかってる
と言われてもこんなに使いにくくては」と。全国各地にありそうな話です。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=293




■編集室便り

   □年末年始の「瓦版」ダイヤ・・。

「瓦版」は、この号がことしの最終版とさせていただき、来年の新春第一号は
1月6日(火)にお届けいたします。

ことし1年のご愛読に感謝、これからもよろしくとお願いしつつ、ことしの編
集室便りを締めくくります。


   □FM「スローライフふくしま」に出演のお知らせ

ふくしまFMの番組「スローライフふくしま」に、スローライフ・ジャパン事務
局長、野口智子が出演、スローライフのライフスタイルを語ります。
前半の放送は12月20日に済ませましたが、27日の土曜日午前11時〜11時25分に
後半があります。
下記のふくしまFMのホームページから番組名「スローライフふくしま」を選び
音声をダウンロードしてお聴きいただけます。http://www.fmf.co.jp

 

   □スローライフ学会の「自治体会員」へどうぞ・・

 道府県、市町村職員の諸兄姉へ
     
スローライフ学会・NPOは、これまで個人会員の活動に重きを置いてきまし
たが、この秋から自治体会員の募集に力を入れています。わが学会の会長でも
ある増田寛也さんの”増田警告”によって注目を集めつつある人口減少問題に
立ち向かう。それには、地域にスローライフのこころを広めていくことが大切
だと考えるからです。「まち・むらをちびっ子の遊ぶ里へ」をスローガンに、
連携を深めたい。人口問題の具体策をたてるお手伝いをさせてください。

この考えに賛同いただく自治体からのご一報をお待ちします。

◇年会費:50,000円。
◇自治体会員になると
  (1) 参加費割引があります。
  (2) ホームページにバナーをつけられます。
  (3) メルマガ「スローライフ瓦版」に記事を掲載できます。
  (4) 記録・動画を見られます。
  (5) 特別セミナーに参加できます。
  (6) 年に1回、事務局が講師としてがうかがいます。
  (7) さらなる展開のご相談に応じます。

詳しくはこちらから
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katudou/details.php?blog_id=222

私たちは、人口減少に直面して、将来に向けた対策を考え、また行動していく
「まち・むら」を全力で応援します。ぜひとも、地域ごとにご検討ください。



□スローライフ版・IT塾 --------------------------------------------

Q:デジカメで撮った写真を年賀状に使いたいのですが、丸く切り取って載せ
たいと思っています。簡単にできる方法はありませんか。<編集室:野口智子>
  ▼
A:ワードでもパワーポイントでも簡単にできます。まず画像を選択し、上の
メニューバーの図ツールの書式をクリックすると、丸や四角など図のスタイル
が表示されますので、お好きな形を選ぶだけです。他にもその横にある図の効
果を使うと枠や影なども付けることができます。 <EDI:藤井頼暁>


============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
クリスマスの予定がまだの方、「たまな食堂」でおいしいオーガニック野菜が
中心の、いつもと違うクリスマスディナーはいかがでしょう? 25日(木)まで。
お申込みは>> http://qwebm.quality.co.jp/mail/u/l?p=JzJfFQTRE3gZ
======================================================================



■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
日本テレネット 株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

この「週刊スローライフ瓦版」、バックナンバーをアップしています。
まだご覧になっていない方、こちらからご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/mailmagazine/details.php?blog_id=2

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区坂町21 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/


 

閲覧(5028)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。