SLJ さんの日記

 
2016
10月 18
(火)
12:03
本文

18日のこの瓦版は333号。なんとなく華やぐ。またきょうの「さんか・さろん」
は、飯山シリーズ全五回のしめくくりとなる。これも、うれしい。木村宏さん
の語る「飯山・こころの旅」。詳細は編集室便りをどうぞ‥。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コラム<火曜日の鐘>  山下 茂(明治大学公共政策大学院教授)    
 ̄ ̄ ̄
呑兵衛は地麦酒に拘わるべし!

 さて、日本酒がノドに染み通る時節だが、諸兄姉は自地域の「〇〇づくり」
麦酒を賞味されたか?以下は、特定企業の営業妨害をする意図はなく、子供の
頃からの当該企業の麦酒ファンとして、当該会社の麦酒と我が国麦酒文化の質
的向上策を提起するだけである。誤解なきことを願う。
 筆者の住所は「東京づくり」の管轄だが、それは「横浜工場」製だ。神奈川
県内だと「横浜づくり」と呼び、「工場のみんな」で語り合った「横浜工場限
定醸造」とか。県名を使わない政令市特例?標準銘柄と差異化して酒精度は2
割も上げて6%!
 工場がない埼玉県内では「埼玉の誇りを限定醸造」し、横浜とは違う言い回
しを使って県外の産品だと示唆。容器には「埼玉の皆さま」と一緒に考えたと
ある。誰かは全く分からない。挨拶文は、工場所在地向けでは登場する工場長
ではなく、埼玉支社長の名で、工場名は小さな字で「取手」とある。酒精度も
5.5%で標準品の1割増し、酒精度を高める戦術は競争相手が数十年前に使った
古い手だ。
 全国でも、10指で数えられるほどしか、あの会社の麦酒醸造場はない。47都
道府県で「〇〇づくり」を提供するのは無理だ。諸兄姉は惑わされず、どれが
ホンモノの地元麦酒なのか、ゆっくりスローに表示を精査してほしい。(続く)

 

学会コラム<緑と絆の木陰>  神野直彦(東京大学名誉教授)

   破滅への道

 緑の香りが消えていくと、もう夏も終わりだと寂しくなる。それでも優しい
秋の陽が、木々の葉の彩りを変えていくと、心が澄みわたる気がする。紅色の
紅葉がみられないヨーロッパの秋と違い、錦織りなす日本の美しい秋に心を動
かされたものである。
 しかし、気がつけば、優美な秋はどこかへいってしまった。熱き夏が終わる
と、冬の扉がすぐに開いてしまうからである。東京は30度を越える夏の日なの
に、北海道では真白き雪が舞い散る冬の日となる。そうした異常現象がまるで
平常の出来事のように生じてしまう。
 この美しい青い惑星から、生命を絶やしかねない異常気象が生じていること
は誰もが知っている。しかも、その異常気象の原因が、人類の貪欲にあること
も、誰もが承知している。
 夏の終わりを告げる9月に、内閣府が平成19年に続いて、ほぼ10年振りに
「地球温暖化対策に関する世論調査」を発表した。この調査では地球環境問題
に関心がある者の割合は40.4%である。ところが、平成19年の調査では地球環
境問題に関心があるという割合は、57.6%にも達していたのである。
 ほぼ10年間で環境問題は深刻化しているのに、国民の関心は急速に低下して
いる。しかも、環境問題は未来に悲劇をもたらすのに、環境問題への関心は若
い世代ほど無関心となる。18歳から29歳までで環境問題に関心がある者の割合
は、わずか19.5%である。30歳から39歳までの30代で28.3%、40代で34.7%、
50代で42.6%となる。60代の高齢者になると49.1%、70代で49.3%となり、高
齢者の二人に一人は環境問題に関心があることになる。
 若い世代が環境問題に無関心なのは、良き環境の時代を知らないからだと理
解されているけれども、そうだとすれば環境が悪化すればするほど、環境への
関心が薄れていくことになる。歴史を眺めると、その方向にいけば破滅に向か
うとわかっているのに、その方向に進んでいってしまうことがある。既に人類
は、後戻りのきかない破滅への道を突き進んでいるのだろうか。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
静岡県伊東市「ニュースコ」。東伊豆の名産ニューサマーオレンジと青唐辛子
からつくられたご当地ものの調味料。ファンが上昇中という「たれ」です。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


■街角から畦道から

 竹内義昭   カズコさん(83)

「どうやら忘れられたみたい」。食事の介護から帰ってきた妻が寂しげに話し
た。「私は誰でしょう?」と問いかけたところ、「知っている人だけど名前が
思い出せない」と言われてしまったというのだ。

週に1回は顔を出して世話をしているのに・・。認知力が落ちてきているのは
間違いない。「お子さんは?」との問いには「2人」と答え、私と弟の名前を
挙げたというから、まだ辛うじて記憶の一部は健在なようだ。

同じ境遇にある先輩の話によると、毎日のように会っていても、ある日、突然
「どちら様でしたっけ」と言われるようになるという。そんなことを私も覚悟
しなければならない時期を迎えているのだろう。

 

■まち・むらニュース

・鹿児島市 「おはら祭」

鹿児島を代表する民謡「おはら節」に合わせて、約2万人の踊り手が練り踊る
南九州最大のお祭り。昭和24年に市制施行60周年を記念して始めた。ほかにも
ダンスやパレード、伝統芸能など多くの催しが行われる。
開催日:11月2日(水)〜3日(木・祝)  場所:市内天文館、電車通り一帯
問合せ:鹿児島市総合案内コールセンター TEL099-808-3333
http://www.kagoshima-yokanavi.jp/data?page-id=4405


・福島県二本松市 「二本松の菊人形」

菊花咲きほこる季節、色づく紅葉とともに二本松の秋を彩る菊人形展。62回を
迎える今年のテーマは「あっぱれ!ニッポン!世界に誇れる日本人」。国内外
を舞台に活躍してきた日本人たちを菊人形で表現する。
期間・時間:〜11月23日(水・祝) 9時〜16時
会場:福島県立霞ケ城公園 二本松城跡(国指定史跡)(二本松市郭内3丁目)
入場料:大人700円、中学生以下無料、障害者大人500円
主催:一般財団法人二本松菊栄会
問合せ:二本松市産業部観光課 TEL0243-55-5122
http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/kankou/information.html

 

コラム<象さんの散歩>  パフォーマンス・小池都政
 
 新聞やテレビ記者の間で、取材したニュースとか記事について、これは絵に
なる、絵にならない、と話し合う。「絵」とは、写真、映像のこと。これがつ
く記事は喜ばれる。テレビでは、なおのこと絵のないものは敬遠されていく。
 小池知事が登場してからの都政は、絵になる。さすが、ニュースキャスター
の出身。話題づくり、「絵」づくりは巧い。他県の知事との会談でも、知事室
でキャラクターと握手したり、大きな地図を掛けての説明の場を設けたり。
 テレビ局から大歓迎で、どのチャンネルからも都政ニュースが流れる。新聞
も引っ張られて都政ものが紙面でおお賑わい。もちろん、中央卸売市場の移転、
オリンピックの競技場建設など関心は大きい。問題は取り上げ方にある。
 テレビ、とくに新聞の報道を、このまま小池パフォーマンスの流れに任せて
おいていいのか。例えば、豊洲市場工事で、盛り土計画が消えて地下空間にな
った問題。小池知事は中央市場長ら4人を「降格人事」と発表したが、事態の
経緯も職員の役割も明かすことなく、計画、工事発注などは闇のままに。
 新聞、そしてテレビも、記者は、絵にならずともニュースを書いてほしい。
編集者、プロデューサーは、背景、評価、解説、批判、提言など工夫して絵を
描いてほしい。情報公開は小池パフォーマンスでなく・・ ∨ 川島正英 ∧


=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
“走ろう!世界遺産の村、つかろう!源泉かけ流し温泉”のキャッチフレーズ
で来年1月29日開催の「第41回十津川温泉郷「昴の郷」マラソン大会」。参加
ランナー募集開始です。詳しくは http://www.totsukawa.org/marthon/
======================================================================


コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  足利のこだわり
 ̄ ̄ ̄    
久しぶりに、栃木県足利市に行きました。滋養野菜「アマランサス」にこだわ
っている和食屋さんでは、アマランサスのうどん、マドレーヌ、パンが出来上
がっていました。CDショップなのに、燻製卵など売り出していたお店では、
オリジナルの「音符カステラ」を販売。カフェコーナーも新設。こだわりを持
って、どんどん変化していくお店に頼もしさを感じました。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=385

 

■編集室便り

◇18日の「さんか・さろん」は、飯山シリーズの第5回、締めくくりです。
 飯山の旅のお話。「飯山・こころの旅」について。 
 木村 宏(北海道大学観光高等研究センター特任教授)さんから聞く。
 
 ・2016年10月18日(火)19時〜21時
 ・会 場:クオリティKK・会議室マーキュリールーム
   (千代田区麹町3−3KDX麹町ビル6F・地下鉄「麹町駅」からすぐ)
   http://www.quality.co.jp/company/map/map_tokyo.html
 ・会費:会員1,000円、一般2,000円(学生500円)どなたも参加できます。
 ・申込みは、メール slowlifej@nifty.com TEL 03-5312-4141 まで。
  あるいは、野口(090-7433-1741)へ。よろしく。


◇11月23日フォーラム

スローライフ・フォーラム in 飯山『ふるさとを再発見し創生する』    
全体会議
  11月23日(水・祝)  飯山市文化交流館「なちゅら」で。

<基調講演> 神野直彦(東京大学名誉教授・スローライフ学会学長)
       『緑、水、そして絆』
 
<シンポジウム>
   コーディネーター:増田寛也(スローライフ学会会長)
   パネリスト:   足立正則(市長)
            中村桂子(JT生命誌研究館館長)
<分科会から提言> 
   各分科会 座長、アドバイザー

 第一>「ふるさとを見直す」
      座長:太田和明(花卉栽培)  
      アドバイザー:坪井ゆづる(朝日新聞論説委員)
 第二>「ちびっ子・わけしょの里」
      座長:高柳克章(建築)    
      アドバイザー:斉藤 睦(地域総合研究所長)
 第三>「あらためて逸村逸品」
      座長:鷲森秀樹(仏壇製造)  
      アドバイザー:野口智子(ゆとり研究所長)

※チラシはこちらからプリントできます。↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/xelfinder/index.php/view/486/20160923_%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7_final.pdf

 

◇スローライフ・ジャパンへメールを送るときのお願い。
 
 このスローライフ瓦版は、メールマガジン専用のアドレスからお送りして
  いますので、このメールに返信していただいても事務局には届きません。
 スローライフ・ジャパン、スローライフ学会、この瓦版への投稿などは
 こちらまでお願いします。↓
        slowlifej@nifty.com


============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
10月29日(土)世界で一膳のオリジナルMy箸を作ろう!という催し。たまな食堂
Natural-shift Garden Kitchen 船橋店で。親子で参加できます。
詳細は https://www.facebook.com/events/1157570670948412/
======================================================================


■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
和歌山県紀の川市
 http://www.city.kinokawa.lg.jp/
奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
日本テレネット 株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

閲覧(1632)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。