SLJ さんの日記

 
2016
10月 25
(火)
11:04
本文

東京でも秋風が感じられる季節がやってきました。旧古河庭園はじめ東京近郊
もバラが満開です。信州・飯山では、美しい紅葉へ向かいつつある、との便り。
11月23日の飯山フォーラムが待ちどおしい編集室このごろです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コラム<火曜日の鐘>  丸岡 一直(社会福祉法人二ツ井ふくし会理事長)    
 ̄ ̄ ̄
   未来都市に迷い込んで
 
 思わぬことに、東京・有明で2日間を過ごすことになりました。先週の水、
木曜日。羽田空港を往復しただけで、そこから一歩も出ることなく。
 右を見ても左を見ても、新しい大きな建物が建ち並ぶ。外から中へ、大勢の
人々が長いエスカレーターで飲み込まれていく様は、映画で見る未来都市その
ものですね。こちらは迷い込んだ小鳥のようなもの(小鳥に悪いけど)。
 夕方、多くは家路について、暗くなると行き交う人もまばら。飲み屋の提灯
も焼き鳥屋の煙も、八百屋や魚屋の騒がしさもない。そこだけをみていると、
あれ、まるで田舎の町と変わらない。新しい街をつくるというよりは、個々の
建物をつくるだけに終わったのでしょう。どこか寒々しい。街としての一体性
はどこのだれが担ったか。というよりは、だれも担わなかったのでしょうね。
 帰り着いた田舎は気温10度を割って寒いけれど、むしろあたたかく感じられ
たのが不思議です。

 

学会コラム<緑と絆の木陰>  増田寛也(スローライフ学会会長)

   スリランカ随想
 
 今月スリランカで泊まったホテルがとても居心地が良かった。地元出身でト
ロピカル建築の分野で世界の第一人者と言われているジェフリー・バワが手が
けたホテルには2ヶ所で泊まったが、いずれもロビーに岩肌がむき出しになっ
ていたり、海風が吹き抜けていたりと、地形や自然の特性を最大限に生かした
設計になっている。ジャングルの中に建てられたホテルは、まるで緑の中に埋
もれるかのような外観だった。蒸し暑いスリランカだが、日本でエアコンに慣
らされた身体に当たる自然の風や野鳥たちの鳴き声、そして視界に入る空の抜
けるような青さが余りに新鮮で心地よく、暑さを完全に忘れさせてくれた。そ
の他、セイロンティーの本場、茶畑の続く山並みに建つ、かつての紅茶精製工
場を改装したホテルにも泊まったが、古い建物や機械を大切に受け継いできた
跡が随所に見られ、食後のオーガニック紅茶が一層美味しかった。
 最近は日本の若い女性に美容の一種としてアーユルヴェーダが人気を集めて
いるようだ。これは美容というよりはスリランカの伝統医療で、食事やヨガと
組み合わせて最低でも何日間か滞在して心身ともリフレッシュする。これから
も解るように、スリランカ全体にどこかスローライフに通ずる一面も感じ取る
ことができる。
 スリランカは数年前までシンハラ人とタミール人の内戦が続き、政情が不安
であったが、今はその影は全くない。私は家内と8日間の滞在だったが、世界
遺産の仏教遺跡をゆっくり辿りながら、もう一度スリランカを楽しみたいと思
った。      

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
奈良県吉野町「折敷(おしき)」。吉野の製材所から生まれました。長年、多く
の建材や板を扱ってきたからこそのシンプルな美しさ。サイズも豊富です。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


■街角から畦道から

 竹内義昭   カズコさん(84)

両親が残した持ち物は、我々子供世代を上回る膨大なものだ。思い切って全部
捨てれば簡単なのだが、一つ一つ吟味していると、どうしても残しておきたい
ものが出てくる。カズコさんが小学校1年の時にドイツ留学中の父親から届い
た絵葉書もその一つ。

「カズコサン ガッコウ、オモシロイデスカ ムツカシイデスカ マイニチ 
オカアサント イッショニ ベンキョウナサイ カズコサンハ カラダガ 
小サイカラ ウンドウモシテ 大キクナラネバ ナリマセン 
ベルリン・トウサン」

桐タンスの引き出しの奥から出てきた。85年以上前のものだが、インクの文字
はくっきりしている。朝鮮から引き揚げた際に肌身離さず持っていたのだろう。

 

■まち・むらニュース

・奈良市 奈良県大芸術祭

「文化の力で奈良を元気に!」をテーマに、9月から開催されている芸術祭。
700を超える個人・団体の主催する様々な芸術イベントが県内各地で行なわれる。
「行ってわかる、参加して感じる」芸術の活力を若い世代に伝えている。
会期:〜11月30日(水)  場所:県内各地
主催・問合せ:奈良県大芸術祭実行委員会 TEL0742-27-8488
https://nara-arts.com/


・岩手県遠野市 山口の水車小屋

今ではほとんど見られなくなった情緒ある水車が健在で、改修工事が終わり新
しい小屋が完成した。水田の中に建つ小屋には搗き臼の構造がみられる。現在
も利用される田園地帯に建つ茅葺き小屋は、ふるさとの原風景でしょう。
公開期間:〜11月27日(日) 10:00〜17:00
場所:遠野市土淵町山口(JR遠野駅からバス)
問合せ:遠野市産業振興部商工観光課 TEL0198-62-2111
http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/25,36656,148,html

 

コラム<象さんの散歩>  鳥取を想う・・ 平井知事、お久しぶり

 また、大型の地震だった。「熊」の次が「鳥」。鳥取県が震度6を上回るのに
襲われた。偶然、その前日に平井伸治知事とお目にかかった。日本記者クラブ
の勉強会で「著者と語る」シリーズがあり、話題の出版物の作者から話を聞く。
 先週は、平井知事の『小さくても勝てる』(中公新書)の登場だったのだ。
 講話も著書と同じく、名調子。人口は、全国最少の57万4千である。県内総生
産・47位、県民所得46位・・でも、と「ある、ある」論がすばらしい、後日談も
熱がこもる。全国に話題を呼んだ「スタバはないけどスナバがある」のコピー。
やがて「世界コーヒーサミット」を開いた。鳥取砂丘を題材にして、どこより安
全にポケモンGOを楽しめる「スナホ・ゲーム解放区」宣言も。
 平井知事の味が活きている。ご本人も「駄洒落は著作権がなく」といいながら、
このアプローチを楽しんでいる風情だ。本筋の県政での取り組みもすばらしい。
 こども政策は、保育料無償化、小児医療費助成が日本一で「森のようちえん」
の試みも意欲的。さらに県民参画基本条例、手話言語条例、危険ドラッグ全面禁
止条例など全国で初めて。政府の逃げ腰の問題に迫る。どこより必死の人口減少
対策、農とからめた地方創生・・。わが道を行く、本筋を行く。よくわかった。
 会が終わって、新聞・テレビの記者、元記者が挨拶に並ぶ。私も「お久しぶり。
ぜひ一度、ゆっくりと」と、ひとことだけ伝えて・・ ∨ 川島正英 ∧


=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
東京・新宿駅西口広場イベントコーナーで「地域のちからコレクション2016」
が開催されます。10月25日(火)26日(水)27日(木)の3日間、十津川村を
はじめ、奈良県南部のお買い得な特産品がずらりと並びます。
======================================================================


コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  緑化工場
 ̄ ̄ ̄    
先週の「瓦版」で、キリンビールの「○○づくり」が取り上げられましたが、
私は緑化に取り組む企業という視点からキリン横浜工場を訪ねました。ビアレ
ストラン周りは緑があって当然と思っていたのですが、その質と量にびっくり。
海抜の低い土地に大木を育て、住民の避難場所にもなる芝生広場にはバッタの
逃げ場も。ビオトープも整備。公園のような散歩道は、近所の保育園や高齢者
も利用。殺風景になりがちな工場でも、努力すればできるという見本です。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=386

 

■編集室便り

◇飯山でのスローライフ・フォーラムまで1ヶ月を切りました。
 当日のプログラムは下記の通りです。
 皆さま方のまち・むらの創生にもお役立ていただければと思います。
 

スローライフ・フォーラム in 飯山『ふるさとを再発見し創生する』    
全体会議
  11月23日(水・祝)  飯山市文化交流館「なちゅら」で。

<基調講演> 神野直彦(東京大学名誉教授・スローライフ学会学長)
       『緑、水、そして絆』
 
<シンポジウム>
   コーディネーター:増田寛也(スローライフ学会会長)
   パネリスト:   足立正則(市長)
            中村桂子(JT生命誌研究館館長)
<分科会から提言> 
   各分科会 座長、アドバイザー

 第一>「ふるさとを見直す」
      座長:太田和明(花卉栽培)  
      アドバイザー:坪井ゆづる(朝日新聞論説委員)
 第二>「ちびっ子・わけしょの里」
      座長:高柳克章(建築)    
      アドバイザー:斉藤 睦(地域総合研究所長)
 第三>「あらためて逸村逸品」
      座長:鷲森秀樹(仏壇製造)  
      アドバイザー:野口智子(ゆとり研究所長)

※チラシはこちらからプリントできます。↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/xelfinder/index.php/view/486/20160923_%E3%83%81%E3%83%A9%E3%82%B7_final.pdf


◇スローライフ・ジャパンへメールを送るときのお願い。
 
 このスローライフ瓦版は、メールマガジン専用のアドレスからお送りして
  いますので、このメールに返信していただいても事務局には届きません。
 スローライフ・ジャパン、スローライフ学会、この瓦版への投稿などは
 こちらまでお願いします。↓
        slowlifej@nifty.com


============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
11月2日(水) 11:00〜14:00 本格派インドカレー講座です。チャナ・マサラ
(ひよこ豆のカレー)、サモサ、ココナッツ・ブラウンライス、など。
お申込・詳細はこちら >>>http://qwebm.quality.co.jp/mail/u/l?p=WYVpbbdwSgEZ
======================================================================


■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
和歌山県紀の川市
 http://www.city.kinokawa.lg.jp/
奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
日本テレネット 株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

閲覧(1526)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。