SLJ さんの日記

 
2017
1月 24
(火)
12:09
本文

わが学会の増田寛也会長は、瓦版今週号「学会コラム」で“年の初めの空気が
何か落ち着かない”と。2月の「さんか・さろん」は、増田会長から2017年の
そんな雲行きとスローライフのこころも含めて・・。(編集室便りで詳しく)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コラム<火曜日の鐘>  丸岡一直(社会福祉法人二ツ井ふくし会理事長)    
 ̄ ̄ ̄
  「平和から逃避しない」、ある市長の遺言

 東京都国立市の市長だった佐藤一夫氏が、昨年11月に亡くなっていたことを
最近知りました。1度ある会合でお目にかかっただけですが、亡くなる前々日
まで職務を続け、自宅で静かに息を引き取ったそうです。「老後なら国立」を
合い言葉に、24時間365日の在宅医療を推進していましたから、自ら実践して
みせたことにもなるでしょう。
 死の1週間前には千葉県で開かれた平和首長会議に出席、スピーチしました。
「平和・人権は普遍的な人類のテーマである」「市民から選ばれた一為政者と
してこの壮大なテーマから逃避せず、未来に向け挑戦する」「平和と人権を尊
重し、声高に主張することで自己に責任と義務を課さねばならない」「すべて
の市民が地域で幸せに暮らせるよう、市民の命を守り抜く決意である」
 悲壮な決意が伝わってくるのは、その思いとは逆の方向に世の中が動いてい
るとみたからでしょう。正月ぼけの頭を、がーんとやられる思いです。
   


学会コラム<緑と絆の木陰>  増田寛也(野村総合研究所顧問)

    年の初めに
      
 新しい年がスタートした。年が改まると晴れやかな気分になるものだが、今
年はトランプ体制のスタート、英国のEUからの完全離脱宣言と波乱含みで、
世の中は何か落ち着きがないように思える。
 先日、東海道新幹線に乗ったら、米原付近の降雪で10分程度遅れた。車内放
送でお詫びが流れたが、他国に行けばこの程度は遅れにならないだろう。1分
1秒の乱れのない正確さは素晴らしい事だが、細部にこだわり過ぎると窮屈に
なる。ときには遅れたり忘れ物をするのが人間であり、あまりに正確だと息が
つまる。「スローライフ」とは、時間の余裕や安らぎを大事にすることで、多
少の事には目をつぶるおおらかさでもあると思う。
 昔、私が役人時代に、ある案件の制度設計を性善説でいくか性悪説を採るか
議論したことがあった。私は性善説を主張したし、これからもそうありたい。
その場合の人間とは聖人君子のような人物ではなく、時には失敗もする人間臭
い人物だ。先日、世界の富豪トップ8人の財産と貧困層36億人分とが同じとの
記事を読んだ。我々の目指す社会は、このようなものでは決してないはずだ。
心にゆとりを持ちながら、ごく当たり前の感覚で生き抜ける社会を築きたいも
のだと思う。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
 鹿児島県霧島市「サンクロウ」。鹿児島県奄美産の黒糖を使用したお饅頭を
 米油で揚げて、かりんとう風に仕上げました。薩摩の新作観光土産品です。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

■街角から畦道から

  竹内義昭  カズコさん(96)

杉並区にあるカズコさんの施設まで平塚から車で行くと、渋滞さえなければ約
1時間でたどり着く。だが、私は間もなく74歳だから、そろそろ自重しなけれ
ばなるまい。

ブレーキとアクセルを踏み間違えたり、一方通行を逆走したりといったミスは
しないという自信はある。しかし、最近しきりに報道されている高齢者事故の
当事者たちも私と同じ意識だったに違いない。それでも事故は起きた。

カズコさんも70歳台の後半まで運転を続けていた。免許証を返上するきっかけ
は小さな物損事故。スーパーの駐車場から出ようとして、路上の車に接触した
のだ。本人は茫然として、なぜ事故を起こしたか、理解できなかったという。

 

■まち・むらニュース

・鹿児島県南種子島町 たねがしまロケットマラソン エントリー受付中

第30回目を迎えるマラソン大会。種目はハーフ、フルマラソンのほか、2km
(親子参加)、3km、10km。メイン会場のロケット打ち上げ基地「種子島宇
宙センター」のゴールをめざして、高低差の少ない種子島を駆け抜ける。
開催日:3月12日(日) エントリーは1月27日(金)まで
開催エリア:種子島宇宙センター(南種子島町)
問合せ:たねがしまロケットマラソン大会事務局 TEL 0997-26-6065
http://rockemara.jp/


・神奈川県湯河原町 湯河原梅林「梅の宴」

幕山の山麓斜面に、約4千本の紅梅・白梅が“梅のじゅうたん”のごとく咲き
誇り、園内はほのかな梅の香りに包まれる。梅林限定の食と地域の特産品など
の出店も楽しめる。
開催期間:2月4日(土)〜3月12日(日)9:00〜16:00
(2月25日〜3月5日は18時〜20時30分のライトアップも)
場所:湯河原梅林(幕山公園)(期間中は湯河原温泉街から直通バス運行)
問合せ:湯河原温泉観光課 TEL 0465-63-2111
http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kankou/event/ume-top.html

 

コラム<象さんの散歩>  安倍演説とトランプ演説

 2017年は日本の運命が変わるのではないか。いや、世界が変わる。偶然にも
同じ20日、安倍首相が通常国会で施政方針演説に立った、アメリカでトランプ
新大統領の就任演説があった。二つとも後ろ向き。唖然。失望のほかない。
 トランプ演説は、大統領選挙やツイッターでと同じ、貿易、税金のほか外交、
移民問題すべては「アメリカ第一主義で」に尽きた。世界大戦への反省はなく、
過去の大統領の国際協調、核廃絶など理想主義への思いは微塵もなかった。
 安倍首相の施政方針演説。批判は尽きないのだが、何よりも新次元を迎える
トランプ・アメリカといかに向き合うのか、予算国会の冒頭というのに、語る
ことはなかった。「日米同盟」を具体政策の最初に上げたが、トランプ大統領
と名指ししたのは一回限り。しかも「できる限り早く訪米し、同盟の絆をさら
に強くする考え」と一言だけ。安倍政権が重要政策に上げてきた環太平洋経済
連携協定(TPP)は廃棄へ、さらには日本が保護主義をとるとして中国、メ
キシコとともに槍玉にあがっていることなど、どう考えるのか。
 日米安保は、アメリカ第一主義の立場から「考え直す」とトランプ。日本の
駐留経費の負担は「増やすべき」とも。日米両政府の過去の努力を吹き飛ばす
話で、看過できない。とりわけ沖縄が負う重荷をどうするのか、の課題も。
 安倍訪米は2月とか。最悪の「安倍・トランプ会談」・・<川島正英>


=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
日本の滝百選の一つに選ばれた「笹の滝」、このところの寒さで美しく凍る日
もちらほら。道路の凍結にお気をつけて、冬の十津川村もお楽しみください。
源泉かけ流しの立ち寄り温泉も、おすすめです。観光協会 http://totsukawa.info/
======================================================================

 

コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  「田舎体験ハウス玉岡」

奈良県十津川村谷瀬集落で、むらおこしや移住促進にむけて、村外の人が農作
業や、むらの暮らし体験をしたりする拠点です。といえばかっこいいですが、
空き家を少し片づけてそのままの利用なので、都会人にはあまり快適ではあり
ません。「でもそれが田舎の現実で、それが嫌ならここには住めないから特別
に改修しない」というのが集落の人たちの考えです。潔い、と私は思いました。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=398

 

■編集室便り


▽「さんか・さろん」のお知らせ

2月21日(火)の「さんか・さろん」は、
恒例のスローライフ学会会長:増田寛也さん(野村総合研究所顧問)のお話です。

もう2月になる2017年ではありますが、この1年をどう読むか?抱負は?
増田さんならではの視点、切り口を語っていただきます。

ご予定ください。

・日 時:2017年2月21日(火)19時〜21時

・テーマ:「今年の抱負」
・講 師:増田寛也(野村総合研究所顧問・スローライフ学会会長)
           http://www.h-masuda.net/profile.html

・会 場:クオリティKK・会議室マーキュリールーム
      (千代田区麹町3−3KDX麹町ビル6F・地下鉄「麹町駅」からすぐ)
       http://www.quality.co.jp/company/map/map_tokyo.html

・会 費:会員1,000円、一般2,000円(学生500円)どなたも参加できます。
・申込み:2月19日締め切り。メール slowlifej@nifty.com 
     TEL 03-5312-4141 まで。

・詳しくはこちら↓
 http://www.slowlife-japan.jp/modules/katsudou/index.php?page=detail&bid=318

 

▽スローライフ・ジャパンへメールを送るときのお願い。
 
このスローライフ瓦版は、メールマガジン専用のアドレスからお送りしていま
すので、このメールに返信していただいても事務局には届きません。
スローライフ・ジャパン、スローライフ学会、この瓦版への投稿などはこちら
までお願いします。↓
      slowlifej@nifty.com

 

============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
【たまな教室】冬期限定の発酵講座は寒仕込手作り味噌。味噌の食べ比べも。
2月12日(日)11:00〜14:00。参加しやすい日曜開催です。
お申込はこちら >>> http://tabegoto.jp/homemade_miso/
======================================================================

 

■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

鹿児島県
 http://www.pref.kagoshima.jp/pr/koryu/index.html
岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
和歌山県紀の川市
 http://www.city.kinokawa.lg.jp/
奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
日本テレネット 株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

 

閲覧(2106)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。