SLJ さんの日記

 
2017
9月 26
(火)
17:59
本文

秋らしい風がそよ吹き、いよいよ「出雲の國フオーラム」まで一カ月ですね。
出雲文化、たたら文化への旅。わが学会からの参加は現在30人近くに。楽しい
“お出かけさろん”になるでしょう。詳しくは編集室だよりで・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コラム<火曜日の鐘>  山下 茂(明治大学公共政策大学院教授)

   麦酒(+水)についての長話・その10
        −「酒」と「水」のマッチング・その1−

 小生、前回登場(8月15日)の頃と相変わらず、麦酒を飲むときに同量の水
を「チェイサー」とし続けている。痛風の発作から2ヶ月、このままスローな
長寿の生活習慣として定着するかも・・、喜ばしいことだ。
 前回、「水道水は地域ごとに1つだけ」と述べたが、調べてみると、我が多
摩地区の場合、水の供給元は東京都で、水源は総合的な管理のため、我が家の
栓をひねっても、常に同じ水とは限らないようだ。昔からの玉川上水システム
で多摩川から取水だと思っていた・・、今や、そんな古式ゆかしい仕組みでは
ない。
 それに、所在地でなら我が「地酒」で、我が水道水と相性がピッタリと思い
たい某社の麦酒醸造所は、府中競馬場の近くなのに、「丹沢水系の天然水」使
用だと明記していたことがある。奥多摩〜高尾山〜多摩丘陵が水源の多摩川の
直ぐ東に位置するのに? ま、大手の生産者が断言していたのだから、そうな
のか・・。
 だとすると、原材料の95%は丹沢水系で神奈川県内。あの麦酒は、建物と従
業員以外に、我が「地元」の酒たる要素はない。第1回の試みに、あの麦酒と
この追い水(チェイサー水)とをマッチングしてみたのに裏切られた気がする。
痛風防止飲酒法の前途は多難、ということは、痛風抑止そのものの前途が・・。
(また続く)

 

学会コラム<緑と絆の木陰>  神野直彦(日本社会事業大学学長)

   短い髪

 妻は髪を切った。私と結婚をすると、そうしたのである。私は妻の美しき緑
の黒髪を愛でていたので、心寂しき思いをしたけれども、その理由を深く考え
ずに、家事などを軽快にこなすために断髪をしたのだろうと想像していた。
 最近になって知ったことだが、妻が私との結婚とともに断髪した理由は、生
きてきた証(あかし)である自分の過去を消すためだった。自分の人生は、私と
共に生きる人生しかないと心に誓い、自分の過去を否定するために、髪を切る
決意をしたのである。
 編まれたり、束ねられたりしていた妻の美しき長い髪は、妻の母親が欠かす
ことなく、櫛を入れて整えていた。母親は娘の髪の手入れを、何よりの楽しみ
にしていた。妻にとって長き髪は、母親の愛の象徴だったのである。
 その長き髪を切ることは、母親の愛と共に生きた過去の証を捨て、私と共に
生きることだけが、自分の人生だと意を決することを意味していた。というよ
りも、妻は私に尽すためにだけに生きようと決意して髪を切った。それは妻の
母親が、私との結婚にあたって、妻に授けた教えでもあったからである。
 結婚して髪を短く切った妻は、私に尽すためだけに生きた。しかし、髪は短
いままだけれども、髪の艶は急に失われた。それは妻が私に尽すだけではなく、
私の老いた両親にも尽しているからであるに違いない。
 私は妻に尽させすぎた。私の人生も、わずかである。その短い人生を、ただ
妻の髪の艶を取り戻すために費やそう。そう心に決めながら、両親の世話をす
るために、妻が振り乱す短い髪を眺めた。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
岡山県新見市「野方の粉」。備中新見の郷土食「野方汁」や「吉備団子」に使
われるタカキビの粉。米のとれない高台、野方でできるためこの名があります。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

■街角から畦道から

  竹内義昭   カズコさん(130)

最近、自分の葬儀をどうしたものかと思案している。年とともに友人や知人か
らの訃報に接する機会が増えているが、そのほとんどが近親者のみで葬儀を済
ませたというものだ。

82歳で亡くなった父の場合は生前から「葬式は自宅で」と言っていたのを尊重
した。親戚と近所の人たちだけの小ぢんまりしたものだった。カズコさんは、
施設暮らしで、一緒に住んでいた私たちが転居したため「自宅」はもう無い。
迂闊にもどんな葬儀が希望なのか、聞いていない。親しい友達は、皆他界して
いるので家族葬となろう。

さて、私。透析を受けている身だから、いつお迎えが来るかわからない。葬儀
不要と一応、遺言書に記してある。

 

■まち・むらニュース

・奈良県高取町 町家の案山子巡り

案山子は、農作物を守護する田んぼの神様。ここ高取城の城下町では昔ながら
の町家の佇まいの中では、おじいちゃん、おばあちゃん、子どもたちの案山子、
七福神やトトロ案山子など200体の案山子が来訪者を出迎える。
開催期間:10月1日(日)〜10月31日(火) 10時〜16時
場所:高取町城下町一帯(近鉄吉野線壷阪山駅より徒歩10分)
主催:天の川実行委員会
問合せ:高取町観光案内所夢創館 TEL0744-52-1150
http://kakashi.takatori.info/kakasimeguri.html


・東京都江東区 未来館でお月見!

十五夜は10月4日。未来館の直径約6mの球体ディスプレイ「ジオ・コスモ」
には、月周回衛星「かぐや」が捉えた月の表面の姿が映し出されている。ここ
でしか味わえない、昼間の球体の「お月見」だ。
開催期間:〜10月6日(金)10時台〜15時台 全6回各回約5分
会場:日本科学未来館ジオ・コスモ(ゆりかもめ「船の科学館駅」徒歩5分)
問合せ:日本科学未来館 TEL03-3570-9151
http://www.miraikan.jst.go.jp/event/1708022221777.html

 

コラム<象さんの散歩>  

   「安倍一強」の驕りと翳り・・ 国会解散までも

 安倍首相は、きのう25日、臨時国会冒頭に国会の解散を、と語った。まさに
政治の道を捻じ曲げる暴挙というほかない。三つ、あげておきたい。
 第一。野党の要請を受け、憲法によって召集された臨時国会を審議全くなし
のまま解散する。しかも、審議は「森友・加計学園問題」調査という安倍首相
自らへの疑惑を葬り去ろうとの意図は明らか。疑獄と名づけたいほどだ。 
 第二。この解散権を、総理大臣の専管事項といいたてるが、法律解釈は定ま
っていない。むしろ、それは民主政治に逆らう。万が一、専管事項とすれば、
なおのこと権限の行使に疑義が出てくるようであってはならないだろう。
 第三。世界の情勢。国連総会へ出かけた安倍首相こそ、実感してきたはず。
アメリカと北朝鮮のやりとりを眼前に、こんな政治空白が許されるのか。
 首相は、25日夕の記者会見で、今回の選挙を「国難突破の選挙」と語ったが、
とんでもない。「安倍の、安倍による、安倍のための選挙」である。
 だが、この暴挙で、むしろ民意を問う絶好の舞台がつくられた。それなのに、
野党の気勢は上がらない。新聞・テレビも世論も弱い。選挙情勢も、民進党の
退潮、野党共闘の低迷、意味不明の新政党「希望の党」も含め、自民党のお手
伝いをしている。「安倍政権NO」の選挙に持ち込めるかどうか。
 安倍首相は、25日夜、テレビ各社の番組に出た。政策・公約づくりも巧みだ。
“安倍さんにYESかNOか”一点に絞る選挙をこそ・・  <川島正英>

 

=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
10月15日(日)「第七回谷瀬ゆっくり体験〜稲刈り」があります。銘酒「谷瀬」
となる酒米の稲刈り。「めはり寿司」など食べながら、お酒に想いを馳せて。
申込み:観光振興課 電話 0746−62−0004 詳しくはこちら↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katsudou/index.php?page=detail&bid=333
======================================================================

 

コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  美しき出雲の國

出雲に足を運ぶ度、沢山の写真を撮ってきました。むろん素人のスナップです。
写真を撮りたくなる土地は“いい土地”といわれます。そういう意味では、出
雲方面は素晴らしい。飯南町では「大しめ縄」、雲南市では「こけら葺きの屋
根」、奥出雲町では「ソロバン玉」、出雲市では瀬戸物を繋いだ「一式飾り」。
普通の観光地ではなかなか出会わない、いずれも美しいものばかりです。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=433

 

■編集室便り

▽10月28日(土)・29日(日)は
 スローライフ・フォーラムin出雲の國へどうぞ

先日の「さんか・さろん」で島根県東京事務所長・吉山治さんのお話をうかがい、
「出雲の國へ行きたい〜」と思われた方、多いはずです。
ぜひ、お申し込みください。

泊まるお宿は、奥出雲町の美肌作りの湯「非乃上温泉 非乃上荘」です。
名物のお蕎麦も、目の前で打ち立てが食べられるはず。

「ふるさと創生」について、「たたら文化について」地元の方とゆっくり、
たっぷり話し合いましょう。

宿はスローライフ学会で全館貸切です、お申し込みはまずスローライフまで。
詳しくはこちらをご覧ください。↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katsudou/index.php?page=detail&bid=332&req_uid=4

 

============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
【たまな商店】明治初期から始まったといわれる国産紅茶。高品質な茶産地と
して再評価され始めた九州各地の有機や無農薬で育てた紅茶のお試しセット。
詳しくはこちら >>>https://item.rakuten.co.jp/tabemono-shop/wakocha25tb/
======================================================================


■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
和歌山県紀の川市
 http://www.city.kinokawa.lg.jp/
奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
飯山市 
 http://www.city.iiyama.nagano.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

 

閲覧(200)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。