SLJ さんの日記

 
2018
3月 20
(火)
11:54
本文

平昌パラリンピックが終わった。さあ、次のオリンピック・パラリンピックは
いよいよ、東京が舞台です。そこでどのような新しい試みがあるのでしょうか。
きょうの「さろん」で、わが学会の親愛なる客人・多田健一郎さんから伺う。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コラム<火曜日の鐘>  川島英樹(せたがや文化財団) 

   春の陽ざしに誘われて
                  
 六本木から青山まで歩いた。えらく洒落た場所に迷い込んだと思われるかも
しれないが、荷物一杯のリュックを背負い、少々くたびれた靴を履いて、一人
ブラブラ歩いていても、いたたまれなくなるような事態には陥らなかった。
 コートを片付けて、3日目。幸いまだ花粉症デビューしていないので、実に
気持ちのよい小散歩になった。終盤に立ち寄ったのが、高橋是清翁記念公園。
すごくモダンなカナダ大使館と草月会館に挟まれた、愛すべき和風庭園だが、
2・26事件の現場である。ダルマと仇名された翁の住まいで、終焉の地だ。
 日銀総裁や首相を1回、蔵相を7回も務めた積極経済派だからか、オダギリ
・ジョー主演でドラマ化されたからか、現首相や財務相も信奉しているらしい
が、軍事予算の縮小を図って暗殺されたというから、ひと味もふた味も違う。
 この日、温和な表情を映す座像を見つめる若者がいた。思えば、翁と呼ばれ
るような人も減った。現役2トップの大臣も、春の光でも浴びてみればいい。
記念学校はできなくても、少しは是清翁にあやかれるかもしれない。

 

学会コラム<緑と絆の木陰>  神野直彦(日本社会事業大学学長)

   「韋駄天」

 私が理事を務めている人権教育啓発推進センターが、「オリンピック・パラ
リンピックと人権問題」という小冊子を公刊しようとした時に「待った」がか
かった。「オリンピック・パラリンピック」という表現を、「五輪・パラリン
ピック」と表記しなければならないとのことである。新聞報道でも「オリンピ
ック」は、「五輪」と表記している。「オリンピック」という表記は、「金」
を支払った者のみが許される特権だといいたげである。
 そもそも近代オリンピックは、白人のみが参加する祭典であった。つまり、
白き肌をした「金」、「金」、「金」といって眼を輝かせる「パパラギ」の祭
典だったのである。黄色人種の参加が認められたのは1912年に、ストックホル
ムで開催されている第5回大会からである。古代オリンピックの「エケケイリ
ア=オリュンピアの休戦」という平和の理想実現に感動して、近代オリンピッ
クを主唱したフランスの貴族クーベルタンは、白人以外のオリンピック参加に
不快感を示していたのである。
 以前にも、このコラムで紹介したけれども、黄色人種の参加が認められた第
5回のストックホルム大会には、初めてオリンピックに二人の日本人が出場す
る。一人は東京帝国大学の学生であった三島弥彦であり、もう一人は東京高等
師範学校の学生であった金栗四三である。
 マラソンに出場した金栗四三は、スウェーデンでは「消えた日本人」として、
大学における日本語教育の教科書にも登場する。長き船旅に疲労していた金栗
四三は、マラソン競技を途中で脱落してしまうけれども、正式に棄権の手続き
を取らずに消えてしまう。そのためスウェーデンのジャーナリストが、50年の
歳月が流れた後に、ストックホルム大会がまだ終っていないと、熊本県に金栗
四三を訪ね、棄権するのか完走するのかを迫る。
 金栗四三は脱落した地点から、走り始めて完走する。スウェーデンではこの
金栗四三のマラソン記録54年8か月6日5時間32分20秒3を世界で最も遅いマラソ
ン記録と讃えている。朝日新聞社も金栗四三を讃え、金栗賞朝日マラソン(福
岡国際マラソン)を設けている。
 来年のNHK大河ドラマも、金栗四三を取り上げることに設定した。そのタイ
トルは、スウェーデンでは最もスローなマラソン記録を持つとされているのに、
「韋駄天(いだてん)」だそうである。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
北海道美唄市「テープ黒板」。貼ってはがし、描いて消せる黒板テープ。廃棄
されるホタテの貝殻を活用します。知的障がい者の雇用から生み出されました。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

■街角から畦道から

竹内 義昭   カズコさん(153)

特養のカズコさんの部屋にある小さなクローゼットの中には、季節に応じての
上下の衣類が5〜6組置いてある。季節の変わり目ごとに少しずつ入れ替えを
してきたが、何がいいのか悩んでしまう。

家で預かっているものの中から選べばいいのだが、けっこう制約が多いのだ。
ワンピースやスカート類は介護がしにくいとかで、使えるのは前開きシャツや
カーディガンとズボン。春秋、冬ものの場合ウール製は不可。洗濯機で洗うと
縮んでしまうからだ。

そこで、化繊製品が中心になる。空調が効いているので、年中同じようなもの
でも過ごせてしまう。山ほどにあるお洒落な衣類は、我が家のスーツケースや
段ボールで眠ったままなのだ。

 

■まち・むらニュース

・長崎県雲仙市 小浜温泉湯祭

温泉街でにぎやかにパレードが繰り広げられる祭り。ちゃんぽん愛好会の出店
のほか、歴史資料館ではお茶会、マリンパークのグラウンドでは、わらべ太鼓
や踊り、コンサート、紅白餅まきなどがおこなわれる。
日時:4月1日(日)10:30〜15:00
場所:小浜温泉街、マリンパーク・グラウンド 
主催:小浜温泉湯祭り振興会 問合せ:小浜温泉観光協会TEL0957-74-2672
http://obama.or.jp/themes/topnew/pdf/2018_yumatsuri.pdf


・山形県村山市 段々ロングな雛まつり

広いホール内を囲んで設置された長さ50mの雛壇に、昭和から平成の雛人形が
約6000体展示されて大迫力だ。市内の保育園児たちが手づくりした可愛らしい
お雛さまも並ぶ。
期間:〜25日(日) 見学無料   会場:甑葉プラザ甑葉ホール
問合せ:村山市商工観光課TEL0237-55-2111
http://www.city.murayama.lg.jp/kanko/kanko_koryu/dandanlong.html

 

コラム<象さんの散歩>  

   「安倍一強」の驕りと翳り・・またもや

 このタイトルで何度採り上げただろう。昨年の「森友」問題が起きた直後に
2度ほど、「加計」問題のあと、さらに東京都議選、総選挙の前後とか。だが、
あきれるほどの驕りから翳りに至るはず、の見込みは的外れで・・。
 だが、国会に緊張感が高まった。新聞・テレビにも世論調査結果が並ぶ。
安倍内閣を支持するか否か。朝日、毎日、読売、共同・・。どれも不支持が
支持を上回った。不支持40%台、支持30%台。さらに安部首相の「関わって
いない」答弁に納得せず72%、決裁文書改ざんに責任あり82%、昭恵夫人の
証人喚問が必要65%といった数字。「安倍一強」の翳りは現れたのだ。
 官僚が政治家の顔色を窺いながら“忖度”して行政を進める。公平、民意
とか、情報公開、という民主政治の根幹の原則が捻じ曲げられている。この
シリーズで、象さんが指摘し続けた問題は三つ。国有財産が驚くほどに安く
学園へ売却されたのは“忖度”があったからでないか、また、安倍昭恵夫人
の“私人性”、学園の「教育勅語」教育、である。昭恵夫人が、この国会の
焦点に。当然であろう。野党だけでなく、与党内も緊張感が高まっている。
 霞が関の桜が満開の今週、「翳り」がヤマ場とは・・ <川島正英>

 

=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
谷瀬の吊り橋を渡った先の「ゆっくり散歩道」。ハイキングのお客様を道案内
するカカシが、このほどリニューアルしました。いまどきのファッションで、
ユーモラスに立っています。だんだん花も咲き始めています。
======================================================================

 

コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  “巻きうどん”劇場

なんともドラマチックな劇場型?うどんを見つけました。「巻きうどん」です。
板状に伸ばしたうどん生地が、ロールケーキのように巻いてある。これを巻い
たまま好きな幅に切って、茹でて食べる。その仕組みに驚き、輪切りにして笑
い、巻きを解いて喜び、茹でつつ小麦の香を楽しみ、モチモチ食感を味わう。
「わ〜〜!」と、何度も声をあげた嬉しいうどんでした。栃木県那須塩原市で。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=457

 

■編集室便り

〜本日の「さんか・さろん」は
    「東京五輪」について話し合います。〜

平昌パラリンピックが終わり、東京でも着々とオリンピック・パラリンピックに
向けての準備が進んでいます。

その東京五輪について、さまざまなご意見があるかと思います。
企画・推進の現場からのお話を、しっかりうかがうことにしました。

詳しくはこちらから↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katsudou/index.php?page=detail&bid=346
  
・日 時:3月20日(火) 19時〜21時
・テーマ:「東京五輪、国もがんばっています。」
・講 師:多田健一郎さん
(内閣官房東京オリンピック競技大会・
    東京パラリンピック競技大会推進本部事務局企画・推進統括官)

・会 場:クオリティソフト株式会社東京本部・会議室マーキュリールーム
     東京都千代田区麹町3-3-4 「KDX麹町ビル」6階
  http://www.qualitysoft.com/corporate/office#tokyo_office
・会 費:会員1,000円、一般2,000円(学生500円)
・申込み:まだご参加していただけます。
     メール slowlifej@nifty.com TEL 03-5312-4141 

 

〜皆様からの活動費寄付を求めています〜

スローライフ運動へご賛同の皆様へ、「スローライフ学会」(年会費5000円)
の会員になる以外に、活動への寄付をお願いしております。

下記より申込書をプリントし、FAXかメールでお送りいただくとともに、
4月末までにご送金ください。

・スローライフ運動への寄付 個人用申込書(一口1万円)
  http://www.slowlife-japan.jp/uploads/photos/1781.pdf
・スローライフ運動への寄付 法人用申込書(一口10万円)
  http://www.slowlife-japan.jp/uploads/photos/1780.pdf

申込書の送付先
  FAX   03-5312-4554 
  E-Mail slowlifej@nifty.co

 

============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
【たまな商店】健康のために玄米食を始めたい!でも玄米は苦手という方のた
めに美味しく手軽に“飲む玄米”たまなの玄米甘酒を作りました。毎日コップ
一杯の腸活始めませんか?詳しくは >>>https://tamana-shop.jp/amazake/
======================================================================

 

■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
和歌山県紀の川市
 http://www.city.kinokawa.lg.jp/
奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
飯山市 
 http://www.city.iiyama.nagano.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/

 

======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会


〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

閲覧(591)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。