SLJ さんの日記

 
2018
6月 19
(火)
12:18
本文

きょう19日の「さんか・さろん」は『おいしい雲仙』です。野口智子さんから
長崎県雲仙市を題材にした「食べ物でまちおこし」の話を聞く。特産品のジャ
ガイモなどを食べながら美味しく役立つ「さろん」(詳細は編集室便りに)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コラム<火曜日の鐘>   丸岡 一直(社会福祉法人二ツ井ふくし会理事長)

   高齢者が放つオーラ

 「タケノコ大作戦」のことは以前にもご紹介しました。根曲がり竹という背
丈をはるかに超すこみ入った竹やぶに生えるタケノコ。採るのは難行苦行です。
太さは親指ほど。やわらかくきめ細やかで、えもいわれぬうまさ。このあたり
ではだれもが子どものころから皮をむき、その味に親しんで成長します。
 地域の有志と職員がことしも約200?を集め、特養の入所者を含む150人で
「大作戦」を敢行しました。不思議な食べ物です。手に取ってだれもが笑顔に
なる。自然に手が動き、皮をむき始める。笑顔が遠くなった人たちが歓声を響
かせる。「幸せの種をひとつでも」とめざしている光景がそこに現れます。
 でも、落ち着いて考えると、喜びはどうもこちら側の方が大きい。お世話を
している気でいて、元気づけられている。一方的に介護を受けるだけと思われ
がちな高齢者たちが、実は若い者を励ます力を持っている。そう気づいたのは
衝撃でした。
 彼らがひそかに発するオーラ。介護の原点かもしれません。

 

学会コラム<緑と絆の木陰>  増田寛也(野村総合研究所顧問)

   サッカーW杯
 
 サッカーW杯ロシア大会が開幕した。今の時点では日本チームは登場してい
ないが、前評判はすこぶる低い。私はサッカーもラグビーも大好きだが、その
中でもW杯は別格。世界のスーパースターの輝くプレーを生で楽しむことがで
きるので、しばらくは眠れない夜が続きそうだ。
 W杯には忘れられない思い出がある。1998年、私は知事として南米各地の岩
手県人会を訪問した。ちょうどその期間とW杯フランス大会が重なったのだ。
試合前夜、お祭り騒ぎの音がうるさくて眠れなかったアルゼンチン。試合の間
は町中から人っ子一人、行きかう車も残らず消え、勝利したとたん皆が路上で
大騒ぎを始めたブラジル。南米のサッカー大国のお国柄に触れ、ここまで熱く
なれる国民性がうらやましく思えた。赤茶けた土の上で、裸足で夢中になって
ボールを追う子ども達の姿を、南米各地で見かけた。
 これだけサッカーの裾野が広い国々に、日本は追いつくことができるのだろ
うか。まずは、19日の対コロンビア戦を見ようと思う。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
 

 

 

 

 

 

 

 

 【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
福岡県糸島市「またいちの塩」。玄界灘の海水を汲み上げて作った。塩プリンや塩ジンジャーがあり、また地域の食材を使った古民家のごはん処も人気に。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

■街角から畦道から

   竹内 義昭  カズコさん(166)

食べる、ということは生きる証である。ここ1か月のカズコさんは、ほとんど
自力で食事を口にできないでいる。飲み込む力が落ちているらしく、全粥だっ
た主食が、ミキサーをかけた糊状のものに変わった。介助の仕方も、従来の一
部介助から全介助に。スタッフがつきっきりで食べさせるのだ。

父の日の日曜日に妻と一緒に昼の面会に出かけた。二人がかりで介助をしたの
だが、カズコさんは半分眠ったままでなかなか食べてくれない。

インドネシアの研修生が見かねて手助けしてくれた。大きな声で「竹内さーん」
と呼びかけ、目をさまさせてから口を開かせる。ようやく3分の2ほどを食べ
てくれた。さすがである。

 

■まち・むらニュース

・岩手県遠野市 おにぎりvsパンまつり

市内の人気パン工房のさまざまなパン、そして岩手のお米のおにぎりが集合。
旅の蔵遠野の売店特設コーナーで販売される。「銀河のしずく」や「金色の風」
など、県を代表するお米の食べ比べおにぎりセットが楽しめる。
日時:30日(土)〜7月1日(日)10:30〜18:00(なくなり次第終了)
場所:旅の蔵遠野(遠野駅前)
問合せ:一般社団法人遠野市観光協会 TEL0198-62-1333
http://www.tonojikan.jp/2018060744/3822/


・兵庫県神戸市 ニライカナイで逢いましょう

沖縄のことをもっと本土の人たちに知ってほしい、その思いを伝統文化、芸能
を通して伝えようと活動している神戸の団体からの発信。今回は「落語で伝え
たい想い」。噺家 桂春蝶の独演で、ひめゆり学徒隊の秘抄録が演じられる。
日時:23日(土)16時開演  会場:神戸三宮シアター・エートー
料金:前売3000円、当日3500円
主催・問合せ:NPO法人関西沖縄文化研究会 TEL06-6433-5789
https://www.facebook.com/okinawanokaze518/

 

コラム<象さんの散歩>  

    中野区長選挙に注目したい

 東京都中野区の区長選挙があり、先週、区職員から立った酒井直人氏が就任
した。現職の田中大輔氏を破っての当選だが、東京都の区長選挙で現職の敗退
は、杉並区で一回あったという異例の事態だ。もっと注目すべきだろう。
 もちろん各新聞も採り上げ、東京新聞は「中野区民、刷新を支持」の見出し。
だが、中味は乏しい。まず、地方選挙が重みを失って、投票率が低減を続けて
いく中、前回より5%も上回った。なぜか、その視点を書いてほしい。
 中野区は、そもそも先駆的な区民自治で知られる。美濃部都政の誕生に呼応
した青山良道氏が区長に立ち、住民参加をさまざまに実験、教育委員準公選の
制度、区政情報の早い公開を実現させた。私も区民。それらの制度化と特別職
の報酬審議など、許される範囲でのお手伝いをしてきたものである。
 ところが、田中前区政は違った方向に。目新しいもの、大きなものを目指す
ファストな政治を。前回の4選は、複雑な動きをくぐり、当選した経緯をもつ。
今回の公約も「中野サンプラザを1万人収容のアリーナに」と大きく。落選は、
さすが、区民の筋違いの方向を正すエネルギーが甦った、と見たい。
 来年は統一地方選挙がやってくる。新聞もテレビも、地域の政治の新しい芽
にもっと深い眼を、とあらためて願いつつ・・  <川島正英>


=========================================================== PR =====
「奈良県十津川村」から・・
十津川村の那知合(なちあい)地区で、ホタルがたくさん飛んでいます。場所
は「那花良(なかよし)広場」、真っ暗ですので足元にお気をつけてご観賞を。
http://totsukawa.jugem.jp/?eid=1058
======================================================================


コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  湯せんぺい

明治の初め旧島原藩主松平公が作らせたといわれる「湯せんぺい」。雲仙土産
で知られますが、先日、その手焼き作業を見学しました。熱々の重い鉄の型に、
小麦粉などを溶いたものを流し、挟み、ジュワーと音をさせて余分なタネを出
し、ゆっくり焼く。手元を見ていると飽きません。この「湯せんぺい」の耳を
活用して若主人が発案したチョコバーやグラノーラもあってビックリでした。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=470

 

■編集室便り

▽きょう、6月19日(火)の「さんか・さろん」は
 雲仙を食べます!

長崎県雲仙市は3年前の「スローライフ・フォーラム」開催地。
そして、スローライフ 学会自治体会員の市です 。
ここに、当NPOの事務局長である、ゆとり研究所の野口智子さんが
毎月通うことに、、。

彼女の得意分野、食べ物でのまちおこしや、住民参加の動きが
展開されていくことでしょう。

今回は「さんか・さろん」?私の仕事シリーズ?として、
雲仙の食べ物をクローズアップ しながら、
その可能性を探ります。

このシリーズでは野口さんは2回目。前回はワークショップの話。
今回のテーマは「おいしい雲仙」です。

スローフード「エタリの塩辛」、お土産「湯せんぺい」、
特産の「ジャガイモ」などなどを実際に食べながらのさろん。
食いしん坊さん、ご参集を。
 
・日 時:6月19日(火) 19時〜20時30分
・会 場:クオリティソフト株式会社東京本部・会議室マーキュリールーム
     東京都千代田区麹町3-3-4 「KDX麹町ビル」6階
     ※麹町4丁目の交差点から見える「成城石井」の並びにあるビル。
      有楽町線 麹町駅 1番出口より徒歩1分/半蔵門線
      半蔵門駅2番出口より徒歩8分
     http://www.qualitysoft.com/corporate/office#tokyo_office

・会 費:会員1,000円、一般2,000円(学生500円)
・申込み:メール slowlifej@nifty.com TEL 03-5312-4141
・詳しくはこちら↓ 
http://www.slowlife-japan.jp/modules/katsudou/index.php?page=detail&bid=351


▽2018年度の会費をお願いします。 新会員も募集中。

 スローライフ学会は、NPOスローライフ・ジャパンが運営している学会
  です。(学長・神野直彦、会長・増田寛也、副会長・中村桂子)
  スローライフについて多くの分野から学び、楽しく語り合う。また、
  全国でスローライフまちづくりをすすめる同士とのつながりです。

  年会費5,000円(自治体会員は50,000円)、
  この「瓦版」に記事を出したり「さんか・さろん」などで交流したり。
  会費は下記の口座へお振り込みください。

 【振込先】
  ゆうちょ銀行 振替口座 00190−4−595293 スローライフ学会
  三井住友銀行麹町支店 普通預金 8811176 スローライフ学会 

 詳しくはこちらをご覧ください。
  http://www.slowlife-japan.jp/modules/contents/index.php?content_id=3


▽スローライフ運動への寄付も引き続きよろしく。

 詳しくはこちらから↓
 http://www.slowlife-japan.jp/modules/katsudou/index.php?page=detail&bid=345&req_uid=4

 

============================================================ PR ====
クオリティライフから・・・
【たまな教室】日本人の二人に一人がかかるがんや喘息、アトピー等は免疫低
下免疫異常によって引き起こされる病気です。養生学の観点から免疫の調整法
を解説する特別講座です。詳しくは
>>>https://tamana-shop.jp/tabegoto-youjougaku/
======================================================================

 

■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

岩手県遠野市
 http://www.city.tono.iwate.jp/
和歌山県紀の川市
 http://www.city.kinokawa.lg.jp/
奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
飯山市 
 http://www.city.iiyama.nagano.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

閲覧(241)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。