SLJ さんの日記

 
2020
4月 7
(火)
11:25
本文

どの街も、暗く重い空気に沈んでいます。だから、わがNPO・学会事務所に
とって、元気づけられる明るいニュース。ことしのスローライフ・フォーラム
を奈良県十津川村で開くことが決まりました。詳しくは「編集室便り」で。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

コラム<火曜日の鐘>   川島英樹(せたがや文化財団)

    アベノマスクは寝て待て

 「不要不急」組の一員として、わが職場のセンターも臨時閉館となった。せ
めて一杯と馴染みの呑み屋に立ち寄れば、6人ばかりの店員に、お客は我ただ
一人。密閉・密集と程遠い空間で、手の届かない距離に離れた店長から、愚痴
を拝聴する次第となった。
 閉館中でも、年度変わりのバタバタの方は健在で、事務所には出かける。い
つもより相当少なめとはいえ、朝のラッシュ時間には、大勢のご同朋が行き交
っている。マスク姿の行進とすれ違ううち、不思議に、なんとなく勇気づけら
れる気がした。ここにいる人たちみんなが、この状況を生きている。自分は一
人じゃない。そんな風に思えたのだ。ここにいる人だけじゃない。世界中の人
たちが、同じように過ごしている。勇気がでるのは、分断ではなく、やっぱり
連帯を考えることだと思う。
 まったく嫌になっちゃう日々、分離の生活をしなきゃいけないとしても、世
界の人たちに思いを馳せながら、スローに手を洗うことにしよう。

 

学会コラム<緑と絆の木陰>   増田寛也(東京大学大学院客員教授)

    新型コロナの先にあるもの
                  
 新型コロナとの闘いは長期戦の様相を見せている。外出の自粛要請が続くが、
仕事や生活を考えると、全く外出しないというわけにもいかない。「不要不急」
か否か、最後は自ら判断するしかない。いずれにせよ、休日の出張や外出を控
えているので、その分自宅で読書する時間が増えた。
 この春、藤原書店から出版された『大地よ!―アイヌの母神、宇梶静江自伝』
を読んでいたら、ハッとする一節に出会った。
 「森羅万象の中で、誰が現在のような破壊をもたらしているのか。誰であろ
う人間たちではないか。万物の中で生かされている人間が、あらゆる破壊の現
象をもたらしているのです。・・・・・地球の生態系は、絶妙なバランスの上
に成り立って、これまで命を保ってきたのです。しかし今、そのバランスが、
ガタガタと音を立てて崩れています。それも人間という傲慢な種が単独で巻き
起こしているのです。」
 普段なら、あっさり読み飛ばしていたかもしれない。しかし、先住民アイヌ
からの問い掛けが、今は重く胸に突き刺さる。コロナとの闘いは、どこかで、
医学的には解決が図れるであろう。しかし、その先に横たわる問題は余りに大
きく、出口を見つけ出すのは容易ではない。

 

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  【逸村逸品】ひとこと紹介 〜 http://www.facebook.com/slowlifej
福島県いわき市「長久保のしそ巻」。ふるさとの味として長年愛され続けてい
る“いわき名物”。地元の素材にこだわった、昔ながらの手づくりです。
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 

■街角から畦道から

 遠北 剛(広島市) 卯月、寺山公園の休日の日

平地部の公園の桜が、散りはじめました。寺山は、ちょうどいまが盛りです。
12年前のことです、区の要請で地域の諸団体・自治会のメンバーが100本の苗
木を植えたのは・・。「寺山公園をつくろう会」の仲間が、鹿の対策に苦慮し
ながら、めんどうをみてきました。40本ばかりが成長し、ようやく少し花をつ
け咲き始めました。咲き始めて気が付いたことは、それぞれの品種があること。
植えるときには気づきませんでしたが、さてこれから、どのようにして品種を
調べるかが一つの問題です。公園内は、お花見を兼ねての親子家族連れでにぎ
わっています。込み合っているのは駐車場だけ、広いスペースを十分に活用さ
れ楽しんでいただいています。

 

■まち・むらニュース

・岩手県遠野市 遠野物語が誕生したころの遠野

『遠野物語』が柳田國男と佐々木喜善によって誕生したのは1910年6月。今年
発刊110周年を記念しての企画展。書籍や新聞などの関連資料や、当時の町の
様子などの展示があり、あらためて『遠野物語』に触れる機会を提供する。
開催日時:4月17日(金)〜6月28日(日)9時〜17時
場所・問合せ:遠野市立博物館 TEL0198-62-2340
https://tonojikan.jp/event/0417-0628/


・香川県まんのう町 春らんまんフェスタ2020

四季を通じて花や緑が楽しめる公園が、鮮やかな春の色に染まっている。400
本の桜、20万本のスイセン、4万5千本のチューリップ、30万本のネモフィラ
など。どの花も品種が豊富なのも特徴だ。
開催日時:〜5月10日(日)9:30〜17:00
場所・問合せ:国営讃岐まんのう公園 TEL0877-79-1700
入園料:450円(15歳以上)、210円(65歳以上)、中学生以下無料
https://sanukimannoupark.jp/event/season

 

コラム<象さんの散歩>  

 “十津川村フォーラム”

 3週間前のこの欄で、象さんの「ウイルスとの闘い」を書いた。難題は奈良
県へ今秋のスローライフ・フォーラム打ち合わせに出かけることだ、と。
 十津川村への旅である。予定どおりの“闘い”。新幹線で京都まで。私鉄で
約1時間、車で約2時間かけて役場へ。わが方と県庁、村を合わせ9人の濃密
な打ち合わせ。温泉旅館に宿泊。三つの「密」の悪条件が重なる? ウイルス
の潜伏期間という2週間を過ぎたが、症状は出てこない。まず大丈夫だな。
 奈良県主催のフォーラムは、2013年の川上村での開催に継ぎ、2度目である。
12の村を抱えてがんばる奈良県。十津川村は、その最大の村だ。いや国内でも
最大。日本一の谷瀬の吊り橋がかかり、熊野古道がとおる美しい村。何より、
この「瓦版」の3行PR欄に毎号登場願っている、わが学会の野口智子事務局長
が年に数回アドバイス役で出かけている。まさに、おなじみの村だ。
 フォーラム日程で、主催県の荒井正吾知事、開催地十津川村の更谷慈禧村長、
基調講演の神野直彦・わが学会学長、コーディネーターの増田寛也・学会会長
と日程調整、11月28・29日開催が決まった。
 うつうつの空気の中で明るい話題だ。中味を決める理事会を開くのもままな
らない世の中だから、とりあえず会員の諸兄姉に耳よりなお知らせを、と、こ
の瓦版の冒頭の★印と「編集室便り」に掲載した次第ではあった。
 もちろん、開催は状況次第。きょう、緊急事態宣言は必至だ。闘いは、なお
続く。今回のウイルスの奴、やはり一筋縄ではいかぬ・・ <川島正英>

 

=========================================================== PR =====
 「奈良県十津川村」から・・
世界遺産小辺路が通る、天空の郷「果無(はてなし)集落」の、しだれ桜が見
頃になりました。「にほんの里100選」にも入る果無集落の、春爛漫の展望を
楽しむハイキングへどうぞ。 http://totsukawa.jugem.jp/?eid=1146
======================================================================

 

コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅>  花の力

コロナの影響で式典やイベントに使う予定の花が余り、安価に。先週の長谷川
八重さんのコラムでは、「こういう時こそ飾ろう、植えよう」と提案がありま
した。花業界から市民に無料配布する動きや、桜の盆栽を家で鑑賞する「うち
花見」も報道されています。私も、普段よりたくさんの花を生けました。色や
香りで癒されながら、小さな花の存在を忘れがちな暮らしをを反省しています。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=563

 

■編集室便り

▽この秋、11月末にフォーラムです。

「こんどのスローライフ・フォーラムはいつですか?」と、
何人もの方からお問い合わせをいただいておりましたが、
11月28日(土)・29日(日)、奈良県十津川村で開くことが決まりました。

このフォーラムの主催者は奈良県です。
12もの村を有する奈良県のなかで、十津川村は「自主自立」のむらおこしを
続けてきました。面積は日本一の広さ、その96パーセントが山林です。
日本で初めて源泉かけ流し宣言をした温泉豊富な村ですが、交通の便は悪く、
それだけにひなびた暮らしや人情の残る土地でもあります。

詳細は今後のこととなりますが、皆さまご予定を確保ください。

 

▽新年度の会費をお願いします。 新会員も募集中。

スローライフ学会は、NPOスローライフ・ジャパンが運営している学会で、
会員はNPOの賛助会員となります。
スローライフを学び、語り合い、さまざまな交流をしています。
会員は、この「瓦版」に記事を出したり、催しの参加費が割引になります。
年会費は一口5,000円(4月〜3月)、下記へお振込みください。

【振込先】
ゆうちょ銀行 振替口座 00190−4−595293 スローライフ学会
三井住友銀行麹町支店 普通預金 8811176 スローライフ学会 

詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/contents/index.php?content_id=3

 

============================================================ PR ====
クオリティソフトから・・
【たまな商店】家呑み派の方にぜひ!梅酒用の美味しい大粒青梅です。農薬・
除草剤・化学肥料を使わずに育てたオーガニックの紀州南高梅の予約受付を開
始しました。発送は6月中旬予定 >>>https://tamana-shop.jp/tamanaaoume/
======================================================================

 

■私たちはいつもスローライフの動きを応援しています。

奈良県吉野郡十津川村
 http://www.vill.totsukawa.lg.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
奈良県 
 http://www.pref.nara.jp/
雲仙市
 https://www.city.unzen.nagasaki.jp/
飯山市 
 http://www.city.iiyama.nagano.jp/
出雲市
 http://www.city.izumo.shimane.jp/www/toppage/0000000000000/APM03000.html
丹波篠山市
 https://www.city.sasayama.hyogo.jp/
日本テレネット株式会社
 http://www.nippon-tele.net/
シン・エナジー株式会社
 https://www.symenergy.co.jp/
クオリティ株式会社
 http://www.quality.co.jp/
アース・デザイン・インターナショナル(edi)株式会社
 http://www.edi.ne.jp/
株式会社サンクス・ツー
 http://www.thanks2.jp/


======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジンへのご意見、当団体への連絡はこちらへお願いします。
slowlifej@nifty.com

このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ・ジャパンとの
ご縁を頼りにお送りしています。初めて受信される方も含めて、
お気軽にお付き合いください。

今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

======================================================================


Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会

〒160-0002
東京都新宿区四谷坂町9−4 リカビル301
TEL 03-5312-4141  FAX 03-5312-4554 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/

閲覧(444)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。