SLJ さんの日記

 
2010
6月 15
(火)
14:51
瓦版2010.6.15第8号
本文
======================================================================
 
  週刊スローライフ瓦版 (2010.6.15 第8号)

発行:NPOスローライフ・ジャパン
                     スローライフ学会
======================================================================


    このメールは毎週火曜日の発行です。NPOスローライフ
ジャパンと何かのご縁を頼りにお送りしております。
    初めて受信される方も含めて、お気軽にお付き合いいただ
    ければ幸いです。



コラム<火曜日の鐘> 斉藤 睦(地域総合研究所所長)
 ̄ ̄ ̄        草食系には向かないスポーツ?

 ワールドカップが始まりました。長いこと旧浦和市(今のさいたま市浦和区)
に住んでいたこともあって、サッカーは昔の企業対抗リーグの頃から好きでし
た。浦和は三菱重工のホームグラウンドで、今の浦和レッズ駒場スタジアムは
子どものころ駒場運動場と呼んでいたなつかしい場所です。
 当時重工には杉山隆一というスター選手がいまして、メキシコオリンピック
(1968年)の銅メダルの立役者の一人でした。
 オシムさんは「機関車に自転車がぶつかったら、自転車はどうなるか」とい
った比喩で、身体の出来の違いを言ってました。そういう日本人が勝つために
は、90分走りきらないと勝機はないと。
 つまりサッカーはファストに走りきったもの勝ちの肉食系のスポーツだから、
草食系の日本人にはそもそも無理なんだよなぁと思いつつ、でもひょっとする
と!?という気も捨てきれず、ドキドキイライラの一カ月ですね。 



■街角から畦道から --------------------------------------------------

佐渡ロングステイ 永田英雄(NPO法人交流・暮らしネット) 
 佐渡観光協会とわがNPOで「素泊まり前提の佐渡1週間ロングステイ」の
 実験事業を実施、そのモニター参加者のアンケート結果を検討しました。
 分かったことは?実に精力的に、広域に回遊されていること?金山など突出
 した観光資源だけでなく、佐渡の自然や生活・文化・歴史全般に深い関心が
 寄せられたこと ?1週間滞在してもなお、再訪意欲が強く示されたこと。
 (日本人は、遊びに行っても勤勉です)でも、問題点も幾つか。個人旅行者
 のための島内2次交通の改善。そして、通り一遍の観光情報だけで済まなく
 なったこと等々。外周が200kmを超え、文化的にも懐の深い島だけに滞在者
 の能動性にどう対応できるか、佐渡の新たな挑戦が始まります。
 ※春の佐渡ロングステイ・モニターのご案内(6月まで)
   http://www.slowstay.org/info_ivent.htm 
 ※秋・冬のモニター参加者のアンケート結果
   http://www.slowstay.org/pdf/pdf01.pdf


わがまち??「くらし研究と地域活動」  菊池賢児(地域風景研究所)
 いろいろな住民と会話するのには、過去に「くらし研究」と称して日本人の
 生活・嗜好・労働・教育などを整理していたことが役立つ。アラフォー女性
 は高級スーツなどで自分を奮い立たせる・・とか、子どもの安全への不安は
 交通事故が第1位で74%にもなるとか。そんな会話をしながら、携帯電話
 のような地域づくりをしたいと思う毎日である。「いつも人と繋がっている
 という安心感のあるまちに」


----------------------------------------------------------------------


学会コラム<緑と絆の木陰>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 坪井ゆづる(朝日新聞社論説委員) スローなはずだったのに

 京都での仕事の合間に、ぽっかりと時間ができた。何のあてもなく最寄りの
地下鉄の駅に行くと、2つ先に「鞍馬口」という駅がある。せっかくだから、
鞍馬寺へ行ってみよう。牛若丸ゆかりの地とは、どんなところか。時間つぶし
にはもってこいだ。これぞスローライフだろうと、胸を張る。
 ところが「鞍馬口」の改札口には「鞍馬寺への最寄り駅ではありません」と
書いてある。駅名は「京の七口」のひとつの鞍馬口に由来するが、鞍馬寺へは
10キロも離れていて、そちらへ向かうバスの乗り場もない。そうだよ、確か
もっと遠かったはずだよ、と地図も持たずに観光しようとした我が身を反省し
つつも、意地で鞍馬をめざす。
 1時間かけて、ようやく辿りつく。長さ3メートルの鼻を持つ天狗に迎えら
れ、山門をくぐる。山腹にある本殿までは、新緑のなかをケーブルカーで向か
う。すでに次の取材の時刻が迫り、あわただしく参拝し、下山した。
 清少納言が『枕草子』の「近うて遠きもの」のなかに、「くらまの九十九折
といふ道」と書いた山道を、ケーブルカーで往復してしまった。ちっとも、
スローじゃないなぁと思いながら。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR━━
「KDDI」から・・・
山梨県鳴沢村の富士山西側斜面は、病害虫で木々が枯れる大規模な被害を受け
ています。KDDIは、合計3haの土地に、約3,000本の植林を行っています。
http://www.kddi.com/corporate/csr/activity/kankyo/katsudou/fujisan/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR━━
「たかおか屋」から・・・                      
スローライフの人 筑紫哲也を継ぐ会でもならされたおリン。そのおリンの
音色による「f分の1のゆらぎ」の世界とは…
http://www.takaokaya.jp/news/2010/06/11-134421.php
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■まち・むらニュース ------------------------------------------------

・神奈川県湯河原市  8月2・3日は「やっさ祭り」です。独特の「やっさ、
 もっさ」のかけ声で、ちびっ子や芸妓連が粋な姿で練り踊ります。「やっさ
 踊りコンテスト」参加団体募集中!花火大会もあり。宿泊予約はお早めに。
 http://www.town.yugawara.kanagawa.jp/kanko/yassa/top.html
                        青木高明(湯河原町職員)

・三重県  「吉野・高野・熊野の国」国旗デザインを募集  奈良、三重、
 和歌山の3県が、世界遺産の「紀伊山地の霊場と参詣道」等を活用した事業
 に取り組む広域連携のシンボルとして、7月8日「吉野・高野・熊野の国」
 を建国する。建国理念を表す国旗のデザインを全国募集。締切―6月18日。
 最優秀賞は賞金10万円。 三重県東紀州対策室 電話 059-224-2193。
 http://www.pref.mie.jp/TOPICS/2010040325.htm

----------------------------------------------------------------------


コラム<象さんの散歩> 「訪問販売」30歳で我田引水の一席・・
 ̄ ̄ ̄
 日本訪問販売協会の30周年を祝う10日。協会の倫理審査委員会座長の私が
乾杯の挨拶役に。わが田に水ひく「スローライフ論」でお茶を濁した。
 世情は、バブル後の30年間、激動と混迷を続けた。高度成長時代の価値観は
大きく、強く、速く速く。スローライフは、このものさしを変える。ゆっくり、
ゆったり、ゆたかに。結果より過程を。人と人とのつながりを大切に。
 訪問販売の分野にも同じ動向が見える。倫理審査の対象に、儲けるが勝ちの
殺伐たる事例が増えた一方、消費者側に「じっくり対面して・・」「充実した
アフターサービスを」「信頼と安心が最優先」といった声が目立ってきた。
 30歳、而立。あらためてスローライフの理念を望みたい。 ∧ 川島正英 ∧



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR━━
「日光『食』の研究所」から・・・
6月の旬の食材は『アスパラガス』です。わたしたちの住んでいる日光市内に
は、13軒のアスパラガスを作っている農家があります。
http://nikkokekko.blog121.fc2.com/blog-entry-12.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


コラム やまさかのぼる <暦と季節と暮らしと> その6
 ̄ ̄ ̄          明日は「端午の節句」です!

 明日は「端午の節句」(旧暦ベース)です。お祝いの準備はできていますか? 
旧暦「さつき」は、ジメジメした時節。サミダレは「五月雨」、梅雨の晴れ間
は「五月晴れ」です。外回りの営業や家庭での洗濯は捗らず、カビや食中毒に
神経を使い、行楽の計画も立てにくい。鬱陶しい毎日が続きます。
 「端午の節句」を旧暦で祝う場合、梅雨空では鯉幟を揚げられないのが難点
ではあります。吹流しを付けるのは鮮やかな色彩で疫病を除くためで、元来、
こういう「悪月」と呼ばれる時節向けの風習だと言いますから、その部分だけ
実践するのも一案です。温室育ちではないホンモノの菖蒲の力を借り、元気を
しっかり蓄えて、不快な季節を乗り切ることもお勧め。この時節は無理せずに
ゆったりと暮し、ご自愛専一、健康維持に力点を置きましょう。



コラム 野口智子<スローライフ曼荼羅> スカイツリー
 ̄ ̄ ̄
着々と成長し、その背丈を伸ばしている「東京スカイツリー」。その足元では
さまざまな人間模様が・・。ただ単にノッポのものができているだけなのに、
妙に興奮したり騒いだりの‘黒船が来た’状態。かくいう私も、浅草でほんの
30分の時間ができたので、どこだどこだと繰り出したのであります。通りがか
りの男性に場所を聞くと「見上げてごらん、わかるよ」との案内でした。
http://noguchi-tomoko.com/modules/yutoriaruki/details.php?blog_id=54


■スローライフ便り -------------------------------------------------- 

△「江戸小紋の工房と染色体験ツアー」のお知らせ

 はじめまして、「グループゆるり」のスローライフ便りです。
 東京都八王子市で、スローライフの視点から町を見直し、また魅力を再発見
しよう!と、2008年から細々と活動を始めた市民グループです。
 市の男女共同参画センター主催の講座で、野口智子講師に共感して誕生した
スローライフジャパン八王子支部のような(と勝手に思っている)団体です。
 今月末、市内の染色工房で「江戸小紋の工房見学と染色体験」ツアーを行い
ます。費用はかかりますが、おだやかだけど気骨のある職人さんの熱いお話を
伺い、高級感あふれて上品なオリジナルの「ふくさ」を染められるめったにな
いチャンスです。くわしいことは、私たちのブログをご覧ください。
http://group-yururi.seesaa.net/


■事務局からのお知らせ --------------------------------------------- 
 
△きょう・・・スローライフ学会の「掛川路さんか・さろん」です

「さんか・さろん」初めての試み?‘旅ゆくサロン、お出かけサロンの第一号
がきょう、掛川市で行われます。
講座の講師は、東京と地元それぞれから出て、お得意の分野を・・
佐藤雄一さん NPO法人スローライフ掛川理事、コンセプト株式会社
  『掛川型スローライフのデザイン』
岡崎眞さん イーブック・システムズ代表取締役 
  『Eブックをつくりませんか』
そのあとの「夜なべ談義」のほか「木の文化を活かすまちづくり」ツアーがあ
り、翌日の自由散策とサイクリングなど。遊学と交歓たっぷりの企画です。
来週の「瓦版」で報告いたします。
                           幹事 長谷川八重


△スローライフ学会へのお誘い
スローライフ学会はNPOスローライフ・ジャパンが抱える学会です。
(学長・神野直彦、会長・増田寛也)学会といっても、楽しくわいわいとスロ
ーライフについて多分野から学び語り合う学会。また、全国でスローライフな
まちづくりを進める皆さんのつながりでもあります。年会費5,000円。会員に
なってこの「瓦版」にぜひ記事を出してください。「さんか・さろん」などの
割引きもあります。「学会便り」や、各種ご案内もお届けします。また、学会
会員は自動的にNPOのサポート会員となります。申し込みはこちらから↓
http://www.slowlife-japan.jp/modules/liaise/index.php?form_id=5

======================================================================

■いつも応援していただき、ありがとうございます。
日本テレネット株式会社
  http://www.nippon-tele.net/
クオリティ株式会社
  http://www.quality.co.jp/
KDDI株式会社
  http://www.kddi.com/
株式会社ダイイチ
  http://www.co-daiichi.co.jp/boring.html

======================================================================

最後までお読みくださって、ありがとうございました。
このメールマガジン、あるいは当団体へのご意見、ご質問はこちらへ
slowlifej@nifty.com

また、今後、このメールマガジンの送信が不要という場合、あるいはメール
アドレスの変更をご希望される場合もこちらへご連絡ください。
slowlifej@nifty.com

この「週刊スローライフ瓦版」、バックナンバーをアップしています。
まだご覧になっていない方、こちらからご覧ください。
http://www.slowlife-japan.jp/modules/mailmagazine/details.php?blog_id=2

======================================================================

Copyright(C) NPO法人スローライフ・ジャパン スローライフ学会
〒102-0085 
東京都千代田区六番町6-1 パレロワイヤル六番町310
TEL 03-3221-5113 FAX 03-3221-5114 
E-Mail slowlifej@nifty.com
http://www.slowlife-japan.jp/
閲覧(7924)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。